FC2ブログ

キミのためにできること

リンパ腫と闘い5年5カ月生存した愛犬にしてきたこと

2021/02/21(Sun)

あの手術の日




こんばんは🐱









最近、あちこちのブログで
術後服姿のわんにゃんを見かけます
大抵はみなさん避妊去勢術後なのですが
「術後」というと
私の胸の中には
ある光景が蘇ります


















Rは実にたくさんの手術をしました
全身麻酔によるものは7回
(確定診断のための組織採取の手術1回を含む)
特に乳ガンについては数回
回数だけ聞くとびっくりですし
何でそんなに?かわいそう!と言われそうですが
どれもきちんと考え
必要と判断してやってきました



















どの手術も無事に終わり
うまくいきましたが、
特に印象に残っているのが
ひとつあります


















13歳の時の乳ガンで
「左側乳腺全摘出術」という大きな手術です
要するに左側の縦に5つある乳腺を全摘出しました
コーギーなのでより長い手術創(しゅじゅつそう=手術で切った傷)になり、
約50cmくらいはあったと思います
それだけ広範囲に切られると
人間でもかなり痛みはあるはずです

















Rもその時はさすがに入院になりました
(それまでの手術は日帰り)
しかも3泊!
(予定では4泊だった)

手術終了後
麻酔から覚醒してしばらくしてから
面会に行った時のことが
忘れられません


















入院室のケージから出してもらったRは
胴体に包帯ぐるぐるの痛々しい姿で
私を見つけて駆け寄ってきて
聞いたことのないすがるような声を出して
私に飛びつきのぼり、

「ママ───っ!! おうちかえろうっっ!!
おうち──────っっ!!」

とものすごい声で泣きが入ってました
めちゃくちゃ痛いだろうに
なりふり構わず、ママ───っ!!と飛びついて離れないのです



















私はRの傷が開いてしまうことを心配し
また明日来るから大丈夫、と
ぎゅうっとして
すぐ帰りました
ほんとはもっとそばにいてあげたかったけど
あの場合、そばにいる方がよくないと思い、
ぐっと堪えて帰ったのでした



















あんな風なRの、すがるような
切羽詰まったような声を聞いたのは
後にも先にも
あの時一度だけでした



















あの時のことを思い返すのですが
きっとものすごく痛かったんだなぁ
あまりに痛くて
目が覚めたらめちゃくちゃ痛くて
びっくりしたんだろうなぁ
しかも病院に置いていかれて
さぞ心細かっただろうなぁ
痛くても私に飛びついて
必死で一緒に帰ろうとしてたんだなぁ

今さらだけど
そんなことを思っては
あの時のRをもう一度抱きしめてあげたくなるのです



















本当によく頑張った子でした



















あんなに痛い思いをさせてしまったけど
それは本当に申し訳なかったけど
でも
あの手術を選択した判断は
間違ってなかった、と思っています
あの選択をしたからこそ
そのあとのRにとっての楽しい時間があったと思うから



















リンパ腫と違って
乳ガンは転移さえしていなければ
取り除くことも可能です





















きっとRは
「そんなのもうわすれたわー」
と言って、「うふっ」としてると思いますけどね






















私にとっては
耳に今も残る、
忘れられない思い出です

「乳がん③」














今日もありがとうございます🍓












その時の傷

ちょっとすごいので、苦手な方はここで閉じてくださいね!













































16138331770.jpeg


よく頑張りました













たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

スポンサーサイト



コメント

Rちゃんもママも頑張ったんですね
Rちゃんのママもおはようございます。

手術のあと、お家に帰りたかったRちゃんの様子は、Uちゃんもいっぱい病院でお世話になったので、私もちょっとわかります。

我が子の事を思ってした事だけど、自分を頼ってくれる子を置いて帰るのは本当に辛いです。

身体の事を考えてそうした事だけだけど、Uちゃんの事を考えて 「つらい思いさせた事、許してね」と謝っている自分は、私が選んでUちゃんにした治療はUちゃんを苦しめなかったか。

Uちゃんの気持ちとしてはどうだったのだろうか。

私が決めた事 正しかったのかな。

その時はいっぱい調べて、自分で決めて、それが1番良いと考え抜いて選んだ事だけど、私のエゴだったのではないだろうか。

もう悩んでもどうしようもない事なのに、今でも「ごめんね」と言ってしまいます。

大事だったなぁ。
もう少し一緒に暮らしたかったなぁ。
Uちゃんがいて幸せだったなぁ。
でも、ごめんね。
2021/02/21(日) 05:14:41 |URL|うーたん #- [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2021/02/24(水) 18:57:12 || # [編集]
Re: Rちゃんもママも頑張ったんですね
うーたん 様

またまたコメントありがとうございます!お返事遅れました!

うーたんさんは、間違ってないですよ。Uちゃんを思って選んだ選択肢なんですもの。間違ってるわけない。
エゴかも、って思う気持ちもわかります。私もそう思ったりしてきたから。

でもね、そういう時はこう思うことにしてます。

「Rは私に任せてくれてた。Rのこといちばんわかってるのは私。その上で決めてきたことは、全部正解。Rもきっと『ママがきめたなら、あたしもそれがいいとおもうわ~』って言ってる!」

ってね。

だからうーたんさん、大丈夫。何にも心配ないですよ。
2021/02/25(木) 22:59:32 |URL|strawberryらず #A67VWz6o [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • Comment
  • Pass
  • Secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://raslie.blog.fc2.com/tb.php/1078-400deee3

プロフィール

strawberryらず

Author:strawberryらず
2017年4月9日、かけがえのない大切な愛犬が旅立ちました。リンパ腫でした。
病気の早期発見、早期治療、日々の管理、観察の大切さなど、「これはやって良かった」と思えることや「もっとこうするべきだった」と思ったことを、伝えていきたいと思いブログを始めました。
私自身が看護師(人間の方)なので、病気の説明などもわかりやすくできたら、と思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
抗がん剤 (41)
リンパ腫 (7)
なぜがんになると死ぬか (1)
死を受け容れるということ (3)
乳がん (4)
血管周皮腫 (1)
病気 (16)
役立つこと (31)
事件 (83)
思い出 (177)
思い (382)
抗がん剤治療をやめてから (85)
旅立ちのあとで (48)
Rがいない毎日 (61)
ひとりの日々の出来事 (90)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR