FC2ブログ

キミのためにできること

リンパ腫と闘い5年5カ月生存した愛犬にしてきたこと

2021/02/17(Wed)

あの本




こんばんは🌾










こないだ見たテレビのことを書きます🍓


















何かの番組で
ゲストの人たちがペット自慢をしていた時、
あるひとりのゲストさんが
子どもの頃にどうしても犬が飼いたくて
自分なりにいろいろ勉強して
この犬種は毛が抜けない、とか
かなり熱心に両親にプレゼンしたという話をしていました
















それで飼ってもらえたの?という司会者の問いかけに
飼わなかった、とその人は答えました

















プレゼンの後で
両親から、犬を飼うとはこういうこと、的な本を渡され読んだのだそう
多分、私が勝手に思うに、この本かなぁと
『犬を飼うってステキです-か?』


















その本を読んだら
その人は怖じ気づいてしまって
飼うのはやめた、と言ってました

その話を聞いていて
私はこの本の力を知りました

















私が初めてその本を読んだのは最近ですが
確かに、とっても的を得ている内容だと思ったし
犬を飼おうとしている人全員に
必ず読んでほしいと思いました
だけどふと
頭の片隅で思ったことがありました


















子どもに限らず
「犬を飼いたい!!(特に初めて)」という人の熱意というのは
本当に本当にすごくて
たとえこの本を読んだとしても
多くの人がさらっと読んでしまって
「大丈夫大丈夫 私はどんなことがあってもきちんと面倒みれる」なんて
軽く思ってしまうんじゃないか
病気とかだって
その人たちの頭のどこかには
「病気は大変だ でもうちに来る子は病気になんて多分ならない」
と思ってるんじゃないか
つまりは
かわいがること、いいことだけを見て
マイナスの要素を
頭からはじき出してしまって
真剣に考えないんじゃないか

















たしかにそんな気持ちも
わからなくはないのです
わんこを迎えて楽しい時間を想像する
それはとても心浮き立つこと

私みたいに
一度でもわんこの病気を経験した人なら
「もし病気になったら」のところを
リアルに想像できるし
真剣に考えられるけど
初めて飼う人には
想像するのも難しいのかもしれない



















でもやっぱり
「命を預かる責任」というものを
考えた上で迎えてほしいと思うのです
そうしないと
昨今も話題になってるように
軽い気持ちで迎え入れて
「思ってたのと違う」なんていう理由で
軽く手放されてしまう


















じゃあ、どうしたらいいんだろう
ペットショップで買おうとする人に
講習をする?
でも、それもいいかもしれない
買いたいと考えている人には
講習を受講して、さらに個別面談をしてからでないと買えないようにする
それだけの面倒な手順を踏まないと買えないようにするのは
決して間違ってない気がします
















でもそれでも
「やっぱり無理」とかって
手放す人はいるんだろうなあ

本当にため息がでます


















小学校とかで
こういう授業、すればいいのになんて
真剣に思ったりするのでした

















今日もありがとうございます🍓









よく遊びよく食べてよく寝てました

16134900790.jpeg













たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ


スポンサーサイト



コメント

ペットに対する想い
Rちゃんのママ、こんばんは。

私の体調を心配をしてくださり、ありがとうございます😊

めまいの後遺症は日常生活を送るのに、ほぼ支障がありません。

逆流性食道炎は、昨年12月いっぱいで胃酸を抑える薬が無くなりました。

先生が、また必要になったら来てください。とおっしゃったので、半年飲み続けていたので1度中止して様子を見ることにしました。

半年間の投薬で喉の炎症は治って来ていましたから、他の症状は?と観察しました。

毎日ではありませんが、胸焼けするような事や胃酸が上がって来ているような、喉の辺りまでつかえるような感じが症状として出ます。


そう言う時は、薬を飲みたいなと思いますが、普通に過ごせる日も半分くらいあるのです。

こう言う場合はお薬はどうすれば良いでしょうか。

お腹いっぱい食べたりした時。反対にお腹がすいた時などに起こるように思います。

出来るだけ食べすぎないようにと思うのですが、食べる事が好きで油断すると症状が💦

この程度でも薬は飲み続けた方が良いのか、自分で調整しながら今の程度なら飲まなくて良いものか。それを悩んでいます。

ご意見いただけると嬉しいです。

今日の、ペットを飼う事の責任の話。

私も考えましたが、解決策は難しく答えを見つけられませんでした。

私も子供の時に自分が全面的に責任を持つことがないのに、飼ってと頼んだ立場であります。

飼った事で生じる様々な事は、やはり実際経験する事で気づいたり理解出来たりする事が多いですね。

病院代、高いよ。毎日の散歩は大変だよ。と言葉だけでは理解しにくいだろうなぁ。お世話って病院代やお散歩と言うような事だけじゃないですものね。

やってみたけど難しかったからヤメた。で済まない事なのに、やってみるまで理解しにくい事。
頭の中だけで理解させる事が難しい事ですね。

主人はUちゃんを飼ってから(1匹で留守番出来ない仔になってしまったので)買物の時は9年間車でUちゃんとお留守番でした。

Uちゃんを飼ってから、私は犬をペットと言う風には思えなくなりました。

動物をペットと言う立場に置いて飼う事の敷居を低くするのは良くないと思ってしまうのです。
人間の里親なら、そんなに軽い気持ちでなれないですものね。

先日、ハワイだったかな。
病気で手に負えなくなって犬が砂浜で生き埋めにされたニュースがネットに出ていました。

日本だけじゃないんですね。

ペットを飼う人にとって、その子たちが何にも代えられない大切な物になる事。

そうなればみんな見捨てないんだろうな。



2021/02/17(水) 23:07:11 |URL|うーたん #- [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2021/02/18(木) 11:48:57 || # [編集]
Re: ペットに対する想い
うーたん 様

コメントたくさんありがとうございます!お返事遅れました!!ごめんなさい!

胃酸が上がってくる感じ、は嫌ですよね。私も時々あるし、胸やけしたり胃痛が起こることもあります。胃酸過多なんですよね。
そういう時は、軽い時は放置しますが、それなりの時はすぐガスターを飲んじゃいます。

そんなに悪い薬じゃないから、常備しておいて自分で調節して飲んでもいいと思いますよ!

朝起きたときに姿勢の関係上、胃酸が食道に来てることがあるので、寝る前や起床時に、お水を飲んで食道の酸を洗い流すといいですよ。
普段でもそういう時は、とりあえず水で流すのもいいかも。

最近はガスター的なやつで、水がなくてもどこでも飲めるやつがあります。便利になりました。

私も「ペット」という言葉は好きじゃないです。何となく軽い感じが嫌です。

そっか。Uちゃんはいつもパパと車でお留守番だったんだ!
いつもパパがいてくれて、安心だし楽しかったんだろうなぁ。
かわいい!



2021/02/25(木) 22:51:58 |URL|strawberryらず #A67VWz6o [編集]
対処方法をありがとうございました
Rちゃんのママ、おはようございます。

逆流性食道炎の対処方法を丁寧に教えてくださり、ありがとうございました🙇‍♀️
それと、各コメントのお返事もご丁寧にありがとうございました♪

胃酸が食道まで上がって来ている事があると言うのは本当の事だったのです😳

私は喉の詰まり感が酷くて耳鼻科に行って、逆流性食道炎と言われたと以前書きましたが、寝ている間に鼻まで逆流する事もあると言われて

ちょっと疑ったりしたんです😅

鼻に胃酸が来てわからない事なんてあるの?と思ってしまって。

喉も声帯に炎症起こしていましたから、(場所的に)ここは逆流するかもと思ったのですが、逆流している感覚は無いというか わからないものですね。


病院で薬をもらうとずっと飲み続ける事になるので、胸焼けの症状等がある時だけ薬を飲んで対処しても良いと言うなら気持ちも楽ですし、通院の事も気にしなく良いので嬉しいです。

お水を飲んで洗い流せるのですね。

薬も使わずに出来る事なので、今後やってみます。

薬もガスターで対処出来るのですね😊
色々教えてくださりありがとうございました。

Uちゃんは1人になると鳴いて呼び続けたんです。


お留守番は誰か人間が残り、お出かけも一緒に連れて出て、この9年家族は随分行動に制限がありました。

トリミングの数時間の間だけ主人と外食出来る。等、不自由も多かったです。

きっとよそ様から見ると甘やかしてと思われたでしょう。

最初は留守番させるように1年半ほど努力しましたが、Uちゃんは諦めが悪かったです😆言い換えれば根性ある?

それも今では良い思い出です😊



2021/02/26(金) 10:32:40 |URL|うーたん #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • Comment
  • Pass
  • Secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://raslie.blog.fc2.com/tb.php/1076-c554ddb8

プロフィール

strawberryらず

Author:strawberryらず
2017年4月9日、かけがえのない大切な愛犬が旅立ちました。リンパ腫でした。
病気の早期発見、早期治療、日々の管理、観察の大切さなど、「これはやって良かった」と思えることや「もっとこうするべきだった」と思ったことを、伝えていきたいと思いブログを始めました。
私自身が看護師(人間の方)なので、病気の説明などもわかりやすくできたら、と思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
抗がん剤 (41)
リンパ腫 (7)
なぜがんになると死ぬか (1)
死を受け容れるということ (3)
乳がん (4)
血管周皮腫 (1)
病気 (16)
役立つこと (31)
事件 (83)
思い出 (177)
思い (382)
抗がん剤治療をやめてから (85)
旅立ちのあとで (48)
Rがいない毎日 (61)
ひとりの日々の出来事 (90)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR