FC2ブログ

キミのためにできること

リンパ腫と闘い5年5カ月生存した愛犬にしてきたこと

2021/01/22(Fri)

ボタン④




こんばんは🍯









昨日の続きです🍓















愛するわんこを見送る時に
自ら火葬炉の点火ボタンを押させてほしいと願い出た娘さん
彼女は後になっても
自分で押して良かった、と言っていました



















私は先輩のご主人の話を聞いた時にも
いろいろと考えさせられましたが
今回、このわんこのお話を読んで
また深く考えさせられました

















自分だったらどうするか
やはりそういうことを考えます


















先輩の話を聞いた時は
そんなこと絶対出来ない、とただただそう思いました
でもこのわんこのお話を読んで
「自分の手で天国にいかせる」みたいな思いがあるのだなと
目から鱗が落ちる気分でした
そうか
そんな考え方があるんだ──────



















私はRに
ほんとにいろんなことをしてきました
看護師だから出来たことももちろんありますが
ごはん作り、おやつ作り、お風呂
家での点滴や注射、投薬‥‥
多岐に渡って
本当にいろんなことをして来ました
だったら
最期に見送る時も
自分の手で送るべきだった‥‥?



















Rの葬儀では
最期の見送りは火葬場の控え室でした
お別れが済んで
私たちが火葬場の自動ドアを出てから
係の人がそっと
寝台車に載せたRのお棺を連れて行きました
その先は見れなかったのでわからないのです
私は自動ドア越しに
ゆっくり丁寧に運ばれていくRのお棺が、角を曲がって見えなくなるまで
ただ見ていました
何度も何度も
「いつも一緒 ずっと一緒 あーんしん、だよ 大丈夫だよ もう、すぐにいっぱい走れるよ」
と心で呟いていました
私はこれまでの人生で
これほどに辛い思いは初めてでした

















もしあの時
「ボタンを押しますか?」と聞かれていたら?





















私はどうしただろうな



















今さらそんなことを考えても
どうにもならないけど
何だか考えてしまいました

















また続きを書きます🍓
















今日もありがとうございます🍓













おしりにも載せてみた

16112479680.jpeg













たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • Comment
  • Pass
  • Secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://raslie.blog.fc2.com/tb.php/1059-d01b863b

プロフィール

strawberryらず

Author:strawberryらず
2017年4月9日、かけがえのない大切な愛犬が旅立ちました。リンパ腫でした。
病気の早期発見、早期治療、日々の管理、観察の大切さなど、「これはやって良かった」と思えることや「もっとこうするべきだった」と思ったことを、伝えていきたいと思いブログを始めました。
私自身が看護師(人間の方)なので、病気の説明などもわかりやすくできたら、と思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
抗がん剤 (41)
リンパ腫 (7)
なぜがんになると死ぬか (1)
死を受け容れるということ (3)
乳がん (4)
血管周皮腫 (1)
病気 (16)
役立つこと (31)
事件 (83)
思い出 (174)
思い (375)
抗がん剤治療をやめてから (85)
旅立ちのあとで (48)
Rがいない毎日 (61)
ひとりの日々の出来事 (76)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR