FC2ブログ

キミのためにできること

リンパ腫と闘い5年5カ月生存した愛犬にしてきたこと

2021/01/20(Wed)

ボタン③




こんばんは🍮









昨日の続きです🍓

















愛するわんこを火葬する心の準備ができた娘さん
移動火葬車の火葬炉にわんこを安置して
ひとしきり泣いたあと
娘さんはそこを離れました
そしてドアが閉められました



















スタッフさんが
「それでは点火いたします」
と告げ、ボタンに手をかけたその時、

「待ってください」

と娘さんが制止する声がしました



















「私にスイッチをいれさせてください」



















スタッフさんは驚いたそうです
そのスタッフさんにとって
初めてのことでした
「大丈夫ですか?」と聞くと
「私にさせてください‥‥」と力強く言われました
そして娘さんは
「今までありがとう・・・ちゃんと天国いきや・・・」
と言ってスイッチをいれました


















翌日たまたま忘れ物を取りに行ったスタッフさんは
娘さんに聞いてみました
あの時、どんな思いでスイッチを入れたのか



















娘さんは
「・・・・あのとき、なんかわからないけど、自分で入れてあげたいって言うか・・・入れてあげなあかんって思ったんです・・・」
と言われました

「『今までありがとう』 っていう気持ちを伝えたかったからと言うか・・・その気持ちを受け取って天国にいってもらいたかったからだと思います・・・」
とも

そして
「つらかったけど、あの時自分の手でスイッチをいれさせてもらえて良かったと思っています」
と静かに話されるのでした


















この日以来
この葬儀社さんは
点火のスイッチは飼い主さんが入れることも出来る、と
必ず伝えるようになったそうです
そして
拒否する人、スイッチを入れる人の割合は
半々なのだとか




















最初は先輩のお話でしたが
動物の葬儀でも同じようなことがあると知り
私は驚きました

















また続きを書きます🍓












このお話はプレシャスコーポレーション様のブログより引用させていただきました

http://www.precious-corporation.com/blog/archives/13733










またガラケー
昔からおしりはもっふもふ

16111543420.jpeg













たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • Comment
  • Pass
  • Secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://raslie.blog.fc2.com/tb.php/1058-63f70412

プロフィール

strawberryらず

Author:strawberryらず
2017年4月9日、かけがえのない大切な愛犬が旅立ちました。リンパ腫でした。
病気の早期発見、早期治療、日々の管理、観察の大切さなど、「これはやって良かった」と思えることや「もっとこうするべきだった」と思ったことを、伝えていきたいと思いブログを始めました。
私自身が看護師(人間の方)なので、病気の説明などもわかりやすくできたら、と思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
抗がん剤 (41)
リンパ腫 (7)
なぜがんになると死ぬか (1)
死を受け容れるということ (3)
乳がん (4)
血管周皮腫 (1)
病気 (16)
役立つこと (31)
事件 (83)
思い出 (174)
思い (375)
抗がん剤治療をやめてから (85)
旅立ちのあとで (48)
Rがいない毎日 (61)
ひとりの日々の出来事 (76)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR