FC2ブログ

キミのためにできること

リンパ腫と闘い5年5カ月生存した愛犬にしてきたこと

2019/09/29(Sun)

とても観れないもの




こんばんは🌻












今日は映画の話題にします🍓



















映画と言っても
テレビで放映されたものです
『僕のワンダフルライフ』
昨日の夜に放送されたのですが
みなさん、ご覧になったでしょうか























あるわんこが寿命を全うして
もう一度飼い主さんの元に行きたくて
何度も生まれ変わるというストーリー
しかもその中には
コーギーが含まれているのです






















映画館で公開された頃
CMで見てから気になっていました
ストーリーから想像すると
ハッピーエンドだけど
きっとわんこたちの亡くなるシーンがあるはず
しかもコーギーも含まれています
私にはとても観れませんでした




















昨日のテレビも
録画しようか少し迷ったけど
やっぱり出来ませんでした





















たまたま放送中に電話をしていて
「今、コーギーに生まれ変わったよ!」
と教えてもらったので
今ならまだ悲しい場面じゃない、と
コーギー見たさだけで
ほんの一瞬チャンネルを変えました



















そこには子コーギーがいました
それはとっても愛らしくて
思わず「あー!かわいいー!」と
叫んでしまいました
ちょっと見てたらすぐ成犬になったので
亡くなるシーンを見たくなくて
すぐにチャンネルを戻しました





















コーギーじゃなくても
動物が死んでしまう内容のものは
もう私は観れません





















Rの病気には真っ直ぐ立ち向かってきたのに
こういったものには
途端に逃げ腰になります
私には避けたくなるものが
増えてしまいました




















こんな私が
Rの病気にはきちんと立ち向かえて
本当に良かった
自分のことだけど
本当によく頑張ったと思います




















R、ママ頑張ったよね




















今日もありがとうございます🍓














ママ頑張ったよね?

15697648560.jpeg












たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

スポンサーサイト



2019/09/29(Sun)

夢のような時間




こんばんは🌺









今日はRが2度目の寛解中につくづく思ったことを
書いていきたいと思います🍓


















Rの2度目の寛解期間は長く
数年間にのぼりました
リンパ腫発症からもう3~4年
「うまくいって1年半」
と獣医さんから聞いていたため
とにかくその1年半を目指して来ました
そしてその1年半にたどり着き、
もう少し、もう少し、と
いろんな病気をしながらも
日々大切に過ごして来ました
そして2年、3年‥‥
獣医さんも驚愕の時間が流れていきました




















結果的にはRは5年5ヵ月という
かなり稀な長い時間を生きれました
この時点でもすでに私は
すごいことが起きているのだと
毎日噛み締めるように思っていました


















私は今もはっきりと覚えているのですが
そんなある日の夕方のお散歩で
ふっと思ったことがありました





















「今、この時、これは夢のような時間なんだ」と


















発症時に獣医さんから言われた残された期間
世間一般の、この病気の平均的な残された時間
私が当初、何となくだけど考えていた残された時間
これらのどれにもあてはまらない、
遥かに長い時間をRは生きていて
しかもこんな風に穏やかに楽しそうに
Rはいつもの道を元気よく歩いている
そんなRのそばにいられて
一緒にこんな風に
いつも通りのお散歩が出来る私



















Rがいる世界で
しかも穏やかな気持ちで
空がキレイだと感じ
風を心地よいと感じられる私



















これは
ものすごく確率が低いことが起こっているということ
ものすごくものすごく
ここまで来れるには確率が低かったはず
だけどRはそこにいる
もういなくなっててもおかしくなかったR
でもそこにいる
しかも元気にうれしそうに歩いてる
これは本当に
夢のような時間なんだ‥‥



















同じ病気になった多くのわんこたちが体験できなかった時間を
この子は生きている
この夢のような時間は
絶対に大切に過ごさなくちゃいけない
他の子の分まで
絶対にしっかり生きなくちゃだめだ





















そう強く強く思いました




















Rが生きる時間を
私が輝かせるんだ
Rにとっての「いちばん」を考えて
最期のその時まで
しっかり寄り添って
いっぱい愛していっぱい抱きしめて
しっかり落ち着いて冷静に病気を見つめて
1秒も大事に生きていくのだ















そう思いを強くしました



















あの時の穏やかな空気と
一生懸命歩くRのうしろ姿が
今も思い出されて
思い出されて
視界がぼやけてたまりません























今日もありがとうございます🍓












Rはすごいね

15696844360.jpeg












たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

2019/09/27(Fri)

買いだめのしあわせ




こんばんは🍂











今日は日々の思いを書きます🍓





















もうすぐ増税
テレビでは連日、何を今のうちに買いだめするか、という話題でもちきりです
私は特に何を買いだめするわけでもないのですが‥‥
ただそういうテレビを眺めながら
Rのことを考えていました




















この増税がもし
Rが病気になる前だったら
いろんなものを買いだめしたでしょう
Rのものばかり、
おやつやペットシーツ
フロントラインやうんちBag、
欲張って新しいカラーにリード
何が必要か考えて
あれもこれもと
「命が終わること」なんて思いもせずに
たくさん たくさん




















たくさんの買いだめしたものたちを
「使い切れないかも」なんていう
そんなことは考えるはずもなく
当たり前に使い切れると疑いもせず
いっぱい買ったはず






















なんてしあわせだったことか






















健康であること
元気であること
若いということ
私には
それはとてもとても
眩しく見えます





















増税がもし
Rの最後の再発の頃だったら

もともとすでに
たくさん買い込むことはやめていましたが
「爆買い出来るということ」
それでも
買いためるなんて出来ない状況を
新たに思い知らされて
きっと、苦しんだでしょう






















今は何の心配もしなくてよくなりました





















Rに何かたくさん賈ってやりたいのに






















考え方を変えよう

Rは今とっても楽しい毎日で
リュックに入ったおやつもたくさんあって
見えない姿で私のそばにいて
私と一緒においしいものを食べている
サッカーボールも持ってるし
カラーもリードも必要ない
Rには何の心配もないんだ
だから買いだめなんて必要ないよ

そう考えよう




















R 大好きだよ






















今日もありがとうございます🍓














何もかも足りてるねR

15695816810.jpeg












たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

2019/09/25(Wed)

命と生きる覚悟




こんばんは🍁












先日いただいたコメントのことを
今日は書いていきます🍓




















数日前に「日曜日」というタイトルの記事を書きました
Rが日曜日に逝ってしまったから
日曜日になると
「Rが死んでしまう」という気持ちになる、というお話です




















その記事にこんなコメントをいただきました

『命と生きるって覚悟が必要ですよね』























Rと生きてきた16年7ヶ月
年齢を重ねていって
病気になって
「死」を考えるようになって
Rを失う怖さを背負いながらやって来ました
それこそが
『命と生きる覚悟』なのでしょう
改めて言葉になると
ますます深く実感しました


















いつか亡くすという覚悟
最後までお世話をするという覚悟
命と向き合うというのは
そういうことなのでしょう




















愛して愛して
大切でたまらなくて
だから辛くても
何とかその覚悟を受け入れていく

だけど世の中には
覚悟どころか
途中でひどいやり方で
手放してしまう人もいます
私はどうしてもそれが許せません





















なぜ「命」の重みがわからないのか
きっと「命」だという認識が
あまりにも薄いのでしょう





















とにかく「命」を迎えたなら
「いつかはいなくなるのだ」ということを
しっかりと考えて覚悟して
決して目をそらさずに
向かい合わなければならないのだと思います






















そんなこと当然なんですけどね





















深刻な病気にかかったとしても
かわいそうだから、
難しいから、わからないから、と
目をそらさずに
きちんと病気を理解して
一緒に闘っていくことが
飼い主としての役目なのだと思います



















そのお手伝いが
このブログでできたら
私はとてもしあわせです





















今日もありがとうございます🍓














Rも一緒にお手伝いしようね

15694134470.jpeg












たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

2019/09/25(Wed)

毎日のおうちお風呂




こんばんは🍀











今日は思い出話にします🍓



















あれはRが5~6歳の頃
まだ大きな病気もしてなかった頃のことです


















その頃はまだRも若かったし
病気に対する心構えがなってなかったものですから
詳細なことは思い出せないのですが
ある時Rの皮膚に異常が出て
病院へ連れて行きました



















これもまた思い出せないのですが
何かの皮膚炎でした
そしてその治療のためには
毎日(!)薬浴をしなければなりませんでした
要するに毎日お風呂に入れて
軽くシャンプーして
薬用のリンスをしなければならないということです



















コーギーがおうちにいる方なら
それがどれだけ大変なことか
おわかりいただけると思います
コーギーはダブルコート(二枚毛)なので
洗う、すすぐ、ももちろん時間がかかるのですが
何といっても乾かすのがものすごく大変なのです
大変というか、とにかく乾かない!
うちには業務用ドライヤーはなかったので
ひたすら普通のドライヤーで
乾かさなければなりません
Rは微妙に肌が敏感だったりしたので
生乾きだと皮膚がただれたりしたことがありました
なのでど根性で完全乾燥しないとだめで
小一時間くらいはかかりました




















その頃はもうサロンに任せていたので
おうちシャンプーは極稀でしたが
何度か経験はしていたので
「毎日お風呂」と聞いた時は倒れそうになりました





















そしてその日から約1週間ほど
毎日おうちお風呂になりました
Rはお風呂は「嫌いじゃないけど好きでもない」といったスタンスなので
多少は抵抗しました
ですが、さすがに毎日続くとだんだん慣れて
無抵抗になりました(笑)




















そして乾燥はやっぱり
思ってた通り大変な重労働でした
でもRにとってもきっと
毎日はしんどかったでしょう
お風呂場は毛だらけになるし
ドライヤーで部屋も毛だらけになるし
もう毎日毛まみれ泡まみれ(Rがシャンプー中にブルブルして飛ばす)になりながら
大変だけどでも治すためだ、と
お互いに頑張ってついに1週間経ちました




















そしてまた診察へ
皮膚状態も良くなり
おうちお風呂は終了となりました
皮膚炎が治ったうれしさと
おうちお風呂が終了したうれしさとで
Rとにっこにこで見つめ合いました
「R~ おうちお風呂終わりだって 良かったね~ 頑張ったもんね~」



















それからはずっと
お風呂はリンパ腫になるまではサロンにお任せでした
リンパ腫になってからは基本的に
抗がん剤治療の合間に行ってましたが
どうしても体調が悪くてタイミングが合わなかったり
そういう時はおうちお風呂でした



















最後の再発をする前に
Rが長時間のサロンに疲れないように、という理由と
サロンが閉店してしまった、という理由で
2度ほどおうちお風呂をしました


















それが最後のおうちお風呂になりました


















あんなに大変だったドライヤーも
泡まみれになったことも
今は「もうしてあげられない」という思いでいっぱいで
Rの体を洗った時のあの指の感触が思い出されて
愛しくて淋しくなります



















お空でまた会ったときに
また洗ってあげるよR



















楽しみだね、R




















今日もありがとうございます🍓
















楽しみだね~

15693376340.jpeg











たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

2019/09/22(Sun)

日曜日




こんばんは🌹











今日は戻ります🍓






















Rをお空に送り出して
ちょうど1週間後から
それは始まりました




















Rが旅立ったのは
日曜日のお昼でした
   





















日曜日というのは
私にとっては休日で
1週間の中では特別な空気感があります
ゆるい感じで始まる1日
テレビの番組もいつもと違います
そんな日曜日に
Rは息を引き取りました

























Rがいなくなって
月曜日、火曜日、水曜日‥‥と過ぎて行き
また日曜日が来ました
そしていつもの独特な空気が流れ始め
私は一気にタイムスリップしました






















Rの命が消えたあの日の
あの空気の中にいるような気持ちになったのです
それは私にとっては
「Rがいなくなった日曜日」ではなく
「Rがいなくなる日曜日が始まる」
という空気感でした
だから
この日にRが死んでしまって辛い、
ではなく
今日これからRが死ぬのだ、
という気持ちにさせました





















それはとても私を落ち着かなくさせ
常時ざわざわざわざわと
心が乱され
切羽詰まった気持ちになりました

























これからRは死ぬのだ
もう二度と帰ってこなくなるのだ

そんな絶望的な空気の中で
じっと耐えていなければなりませんでした




















そしてその最初の日曜日がやっと終わっても
また次の日曜日は来ました
その次も
その次の次も
日曜日は必ず訪れました
私はそんな日曜日の空気の中で
息をするのが辛かった



















私は日曜日が苦手になりました






















そんな日曜日も数十回越えて
100回以上になった今では
ずいぶん楽になりましたが
長い間、本当に苦しかった





















今日は日曜日
穏やかな一日で終われそうです























今日もありがとうございます🍓
















R、ママ、日曜日大丈夫になったよ

15691575970.jpeg












たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

2019/09/21(Sat)

「R」という音




こんばんは🌸












今日は日々の思いを書きます🍓
























Rがいなくなって
日々の生活の中で
「R」という音の響きが
私の回りからすっかり少なくなってしまいました






















もちろん私の中では
毎日「ねえ、R」と呼びかけるので
その音は存在していますが
人の間で生きるこの社会で
「R」というRの名前としての音が
Rがいなくなったことで
すっかり
登場機会を激減させました






















だから時々
生活の中で「R」という名前が登場すると
私の気持ちは
一気に上がります
誰かとの会話で自分から「R」と口に出すのも心が浮き立ちますが
誰かの口から「R」という名前が発音されると
それはそれはもう
嫌なことも吹っ飛ぶほどに
ものすごく満たされた気持ちになるのです























今日も仕事場で
「R」という音が登場しました
Rの話題が出る、それだけで
生き返ったような気持ちになりました
母との電話でも
「R」という音が何度も登場しました
そんな時
もう、私はいつまでもずっと
Rのことを話していたいと思うのです
Rを近くに感じる、
ひとつの方法なのかもしれません




















これからもこうやって
私の社会の中で
「R」という音を消さずにいきたい




















ずっとずっと



















今日もありがとうございます🍓













R~!!

15690677440.jpeg











たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

2019/09/19(Thu)

祈り




こんばんは🌷










被災地の長期停電のニュースを見て
一刻も早い復旧を祈るばかりです




















少し暑さは落ち着いてきているとはいえ
まだ気温は高く
エアコンのない毎日は
どれだけ辛いかと
想像すると胸が苦しくなります





















去年の台風で
私の家も停電し
屋根瓦が落ちて穴が開きました
その後はブルーシートをかけていましたが
豪雨だと雨漏りし
しょっちゅうめくれ上がったり
重しの紐が切れたりで
何度も手直しが必要でした
修理業者に頼んでいましたが
あまりに修理依頼が多いのに
修理業者が少なく
なんと昨日やっと修理が完了しました




















私の体験はまだ軽い方でしたが
それでも精神的ダメージは
大きかったと思います
だから被災地の方々の気持ちを思うと
たまらなくなるのです



















そして停電
私の時は昼から夜中までの
それほど長い間ではなかったのですが
それでもものすごく長く感じ、
お願いだから早く復旧して!と
ものすごく疲れたのを覚えています




















あの時痛感したのは
電気のありがたさでした
そして何よりも
Rがいたら暑くて大変なことになっていただろう、と想像し
Rがいない時で本当に良かった、と思いました



















被災地のわんこや動物たち
きっと今この時も辛い思いをしているのではないか‥‥

一刻も早い復旧と
全ての動物たち、人々の無事を願うより他ありません





















心からお見舞い申し上げると共に
一刻も早い復旧を
お祈りしています




















今日もありがとうございます🍓














Rも応援してます

15688762030.jpeg












たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

2019/09/18(Wed)

ペットと飼い主の関係




こんばんは🌷












今日はずっと前にある人から言われて
未だに心の中で燻っていることを
書いていきます🍓



















Rがリンパ腫になって
最初の長い抗がん剤治療を終えて寛解して
また再発して
いろんなことで頭がいっぱいで
余裕なんて全くなくて
毎日を過ごすのが必死だった頃のことです






















あらゆる治療法をいろいろ調べたり
最悪の状況のことを考えたり
とにかくRを助けたい思いで
周りがよく見えなくなるくらい
ひたすら頑張って
たくさん苦しい思いもしました




















そんな時
ある人から言われました



「もうちょっと考え方を変えた方がいいと思う。Rはあくまで犬で人間じゃないんだから、もっとペットと飼い主として関係を考えた方がいい。」と



















もっと距離を置けということ?
病気になっても
そこまで「何としてでも」助けることはないということ?
私はその時
ものすごく反発しました
家族だと思って何が悪い?
大切だと思ったら助けたいのが普通じゃないの?
今さらそんなこと言われたって
そんなの変えれるわけない
めちゃくちゃ反発したのを覚えています




















Rとはぎゅうぎゅうに濃密な関係でした
長い間ずっとふたりで過ごしてきたのです
どうしようもなく大切で
どうしようもなく愛しくて
だから
亡くした後は地獄でした




















もう少し距離感を保っていたら
この地獄の時間の程度は
もう少し緩んだの?
こんなに苦しくはならなかった?


















わからないけど
私には愛するより他なかった
どうしても守りたかった
だから
私は間違ってなかった、はず





















人にはいろんな考え方があります
正解もたくさんなのだと思います




















きっとないけど
もし、またわんこを迎えることがあったら
‥‥
Rの時より
少し距離を考えてしまうかもしれません
愛して愛し過ぎて
亡くした苦しみを知ってしまったから
もうこんな思いは‥‥
そんな風に考えてしまうのです





















今この時だから
そう思うのかもしれません
もっともっと時が経って
私も何か変われたら
また違う風に考えるのかもしれません





















その時になってみなければわからない
そうですよね
だから今はまだ
あんまり考えないようにしよう



















今日もありがとうございます🍓














ミルクバーを少しだけ舐めさせてあげようとしたら‥‥やられた!

15688021250.jpeg












たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

2019/09/17(Tue)

Rの奪い合い




こんばんは🌵









今日も昔話にします🍓


















Rはいくつかのお泊まり処=別荘(笑)がありました
生涯でお泊まりしたおうちは
5軒ほど
その中の1軒のお話です



















そのおうちは
お散歩友だちのおうちでした
Gちゃんという
イエローラブの男の子のおうちです
いつもお父さんがお散歩担当でしたが
そのお宅には大学生と高校生の娘さんがいて
時々娘さんともお散歩しました
お父さんも娘さんたちも
Rのことをそれはそれはかわいがってくれました
そして女の子大好き!なGちゃんは
もちろんRのことが大好きでした(笑)



















ある時
私がある試験を受ける日に
半日の日帰り預かりをお願いしました
その日が正真正銘の生まれて初のお預けで
私もRも緊張しました

















半日、とはいえ
Rには長かったかもしれません
私にとってもそれは長く不安な時間でした
試験が終わってダッシュでお迎えに行きました
Rはすごい勢いで玄関に出てきました
とにかく何事もなく
楽しく過ごせたようで安心しました





















そしてそれから数週間後
1泊のお預けをすることになりました
身内のお葬式で
どうしても日帰り出来なかったのです



















これがR初のお泊まりでした
お泊まりに必要な物をしっかり詰めて
おやつやおもちゃもたっぷり持たせました
半日の滞在を経験させてあったので
その点では少し安心でした





















だけどやっぱり
何をしていてもRのことが
気になって仕方ありませんでした

ちゃんとお利口にしてるかな

ちゃんとごはん食べたかな

寂しがってないかな

思いは募るばかりでした



















夜になって
Gちゃんのお姉ちゃんからメールが来ました

元気にお散歩したこと
いいうんちが出たこと
おしっこの回数
ごはんも完食したこと
楽しく過ごしていること

きっちりと報告してくれました
とにかく元気にしてるのがわかって
ひと安心しました




















Gちゃん宅にお土産を買って
翌日、急いでRを迎えに行きました
Rは前回と同じく
猛ダッシュで玄関に出てきました



















その後少しお邪魔して
お茶などをいただいたのですが
その間Rは勝手知ったる、といった感じで
Gちゃんのおうちをさくさくと
あっちこっち行き来していました
まるで自分のおうちのように(笑)




















その時に聞いたのですが
前日の夜、
姉妹喧嘩が勃発したのだそうです
原因はR!
どっちがRと一緒に寝るか、で揉めたのだとか
結局二人の間にはまって寝たそうです(笑)



















きっと寂しがる暇もなかったでしょう
それだけかわいがってもらって
愛してもらえて
Rはすごくうれしかったと思います
きっとにっこにこだったでしょう



















もちろんGちゃんも
ずっとRがおうちの中にいるので
大興奮していたそうです(笑)






















私たちが引越しを繰り返したので
今はもう会うこともありませんが
時々思い出しては
皆さんどうしてるかな、と思いに耽っています




















今日もありがとうございます🍓













R、大人気だね~

15687292830.jpeg











たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

次のページ>>

プロフィール

strawberryらず

Author:strawberryらず
2017年4月9日、かけがえのない大切な愛犬が旅立ちました。リンパ腫でした。
病気の早期発見、早期治療、日々の管理、観察の大切さなど、「これはやって良かった」と思えることや「もっとこうするべきだった」と思ったことを、伝えていきたいと思いブログを始めました。
私自身が看護師(人間の方)なので、病気の説明などもわかりやすくできたら、と思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
抗がん剤 (41)
リンパ腫 (7)
なぜがんになると死ぬか (1)
死を受け容れるということ (3)
乳がん (4)
血管周皮腫 (1)
病気 (16)
役立つこと (31)
事件 (83)
思い出 (174)
思い (375)
抗がん剤治療をやめてから (85)
旅立ちのあとで (48)
Rがいない毎日 (61)
ひとりの日々の出来事 (76)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR