FC2ブログ

キミのためにできること

リンパ腫と闘い5年5カ月生存した愛犬にしてきたこと

2019/03/30(Sat)

眠れない夜




こんばんは🍡









今日は戻ります🍓
Rをお空へ送り出して数週間から1ヶ月くらい
毎日Rが視界にいない世界で生きて
「Rのいない空間」というのがじわじわと私に染み込んで
ドアを開けてもRがいなくて変な感じ、という感覚はなくなっていきました
四六時中「Rがいなくなった」ということばかり考えていました





















毎日襲ってくる後悔の波は激しく
一日に何度も訪れるその地獄の時間は
本当に苦しかった
そんな日々
Rがいなくなってしばらくは
私も脱力したのか、比較的スッと眠りに就けたのですが
この頃からものすごく寝付きが悪くなりました




















いざベッドに入って目を閉じると
さらにRのことを考えてしまい
そのうちにまた
「もっと早く病院に行ってたら」
「もっと血液検査してたら」
という思いが止まらなくなり
目を開けてもそこにRはいなくて
もう眠れなくなるのです



















何日もそんなことが続き
心身ともにいつも疲弊していました
そしてあまりにしんどくなり
睡眠薬を飲むようになりました
(軽い睡眠導入薬)




















それでも薬を飲んでいても
考え始めると眠れないのです
だから私は
もう考えないようにするために
寝るときはテレビをつけたままにしました
一時間でオフになるタイマーをかけて



















目を閉じたらテレビの音声に集中して
頭の中から考えを追い出すようにしました
それでも一時間経ちテレビが消えることもあり、
そんな時はまたタイマーをかけました



















ちなみに今はもう
睡眠薬は使っていませんが
テレビはつけたまま
でもタイマーは30分になりました




















ただRに会いたかった
私がRのためと思ってしてきたことが
間違いじゃなかったと
思わせてほしかった



















そんな日々でした


















今日もありがとうございます🍓













よく寝る子✨

15539550740.jpeg












たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

スポンサーサイト



2019/03/29(Fri)

しっぽ




こんばんは🍥









今日は寄り道します🍓




















今の家に引っ越してきてすぐのこと
見知らぬ町を毎日Rと
お散歩しながら探検する日々でした


















コーギー、という犬種は
ずいぶんメジャーになってきましたが
それでもダックスやプードルほどではなく
まだまだ知らない人がたくさんいます
だからこれまでにも
特に子供たちに
「この犬しっぽないの?」
と言われることがありました
そして今回はちょっと年配のおじいさんに声をかけられました



















Rとルンルンと歩いていると
後ろから「あの、すみません」
と声が掛かりました
「はい?」と振り向くとおじいさんがRをガン見していて
こう聞かれたのです

「今日はしっぽはどうされたんですか?」


















私はきょとんとしてしまいました
しっぽがない、と聞かれることはあったけど
「今日はしっぽは……」って!!!
今日はつけてないんです、なんて有り得ないし!(家に置いてきた??)
私は笑いそうになりましたが
おじいさんが真剣だったので、
笑いをぐっと堪えて

「今日は  しっぽはないんです」


と訳のわからない返事をしました
するとおじいさんは

「ああ、そうですか!わかりました!」

とウンウンと頷きながら去って行きました


















私はぼーぜんとしてRと
おじいさんの後ろ姿を見送りました
そして家に帰ってから
吹き出しました(笑)


















懐かしい思い出です✨


















今日もありがとうございます🍓











しっぽがないまん丸おしりもご自慢だよね

15538639450.jpeg









たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

2019/03/28(Thu)

改めて知ったRの最後の状態②




こんばんは🍙











昨日の続きです🍓
Rをお空へ送り出して
多分1週間とか2週間くらいでしょうか
急変してから息を引き取るまでのRのことばかりが
毎日頭の中に渦巻いていました
そんな時
急変した時の血液検査の結果の用紙が
ふと目に入りました




















あの時にきちんとRの状態を理解していたつもりだったけど
やはり私は冷静ではなかったようで
並んだ数値を見て
私は改めて愕然としました
これまでに見たこともないような
すごい数値がそこにはありました



















赤血球→261(基準値550~850)2月は485
ALP(肝機能)→3500↑(基準値68~318)2月も同じ
BUN(腎機能)→215(基準値9.1~31.9)2月は50.0
CRE(腎機能)→6.0(基準値0.5~1.4)2月は2.0




















2月の血液検査の結果と比べて
おそろしく悪くなっていたのが
これらの数値です
重度の貧血がみられ
肝機能の悪化
そして何よりも
腎機能が爆発的に悪くなっていました
腎不全の末期です
末期だと認識はしていましたが
ここまでとは思っていませんでした
こんな数値では
意識障害や神経症状が出てもおかしくありません
あの時も頭のどこかでは理解していたようないなかったような
でもこの時になって初めて
しっかりとRの状態を理解し
また更に苦しみが増えました






















こんなに悪くなっていた
考え方を変えれば
これほどの状態でありながら
よくぞギリギリまで普通に過ごしていたものです



















だからこそ
普通にしていたけど
あの時だいぶしんどかったのだろうと
そんな風に思い至り
より一層苦しくなりました
一度考え始めると止まらなくなって
深くて暗くて痛くて重い、
地獄の時間が流れました



















Rに抗がん剤が効かなくなって
治療に耐える体力もなくなって
積極的な治療をやめるということを
Rのためにいちばんいい、と考えてやめて
もう積極的な治療をしないのなら
なるべく痛いことはしない、と決めて
敢えて採血をしなかったのに
この期に及んで「採血してれば」なんて思ってしまう
「採血してればもう少し手が打てたかも」
「それで毎日点滴をしてればもう少し先までいけたかも」と
もうやり直せないのに
とめどなく本気で考えずにはいられなくなるのです


















そんな思いが渦巻いている時は
そのことだけしか考えられなくなって
もう
死んだように動けなくなりました


















だけど生きなきゃいけない
死ぬわけにもいかない
Rとちゃんと生きるって約束した
だけど苦しい
苦しくて辛くて痛くてつい
「死んだらRのところに行けるかも」
と思ったり
だけど生きなきゃいけなくて
Rとの約束を守りたくて



















こうやって地獄の苦しみの中で
いつも最後には見えないRに
声をかけました

「R、いる?」と


そして無理矢理にRの声を聞きました


「ママ~ いつも一緒 ずっと一緒 あんし~ん、だわ~」と


それに対して


「そうだね あーんしん」と応えて
とにかく生きました

















今日もありがとうございます🍓












苦しいときはこうやって、こんなのを想像し、必死で目に映しました

15537737220.jpeg














15537736950.jpeg











たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

2019/03/28(Thu)

改めて知ったRの最後の状態①




こんばんは🍞










今日は戻ります🍓
Rをお空へ送り出して
それなりに時間は経っていたでしょうか
多分1週間とか2週間とか
その頃のことを書きます

















Rが私の視界からいなくなって
一度片付けたRのものをまた見えるところに置いてみたり
ひたすら写真を見て過ごしたり
Rの毛布を抱きしめたり
とにかく
筆舌に尽くし難い苦しみの日々を送っていました



















頭の中はただ同じことばかり
Rが急変したあの時から
息を引き取る瞬間までのRの様子が
ずっとずっと渦巻いていました
そして
「急変の時もっと早く病院に行ってたら」
「もっと血液検査をしていたら」
という後悔でいっぱいでした



















そんな時
ふとRの最後の血液検査結果の用紙が
目に入りました
急変したあの夜にしたものです
あの時はちゃんと理解しているつもりだったけど
やはり冷静ではなかったのだと
検査結果の数値を見てこの時思い知りました
今までに見たこともないような
すごい数値がそこにはありました

















また続きを書いていきます




















今日もありがとうございます🍓















桜をバックに自撮り
Rを片手で抱っこ(重い!)して、スマホを持って……と

15537017110.jpeg













抱っこではしゃぐR

15537017650.jpeg












もうウキウキが止まらない(笑)

15537018260.jpeg












たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

2019/03/26(Tue)

だるくて悲しい日




こんばんは🍱









今日も戻らず
今日のことを書きます🍓




















今日は朝からなんとなく
だるーい感じでした
体調が悪いわけではないけど
ただだるいのです
まあそんな日もありますよね





















こんな日は気分もだるくなり
ちょっとしたことにも敏感に反応して
とっても悲しくなったりします






















午前中に行こうと思ってたウォーキングは
なんとなくズルズルと後回しに
だけど頑張って夕方に出かけました
だるい気分のまま、でも気合いを入れて
ガンガン歩いてました



















いつもの海辺に到着
すると砂浜にはわんこが集まってました
みんな楽しそうで
思いっきり走る子やまったりしている子
2頭のわんこはじゃれあってプロレス
そんな光景をガンガン歩きながら見ていたら
何だか悲しくなってしまいました
楽しい光景なのに
悲しくて仕方ありませんでした



















目を真っ赤にしながらガンガン歩いてる
私はとっても変な人でした




















だるくて気分もだるかったから
弱っていたのでしょうか

でもこういう日が時々あります


















明日は多分また元気が出ると思います



















今日もありがとうございます🍓











R、ママ悲しくなっちゃったよ

15536026540.jpeg











たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

2019/03/25(Mon)

Rのやきもち




こんばんは🍤









今日は戻らず寄り道します🍓


















Rは基本的には
潔いくらいやきもちを焼かない子でした
私がよその子をヨシヨシして
かなり濃厚にかわいがっても
Rは「べつに」って感じで気にしている様子はなく
それどころかよそのおかあさんの所へ寄っていっては
「あたしもーー!! いっぱいヨシヨシしてーー!!」
と自ら売り込みに体当たりしてました(笑)


















たくさんのわんこで遊んでると
必ずそこにはやきもち焼きの子がいるもので
自分のおかあさんがよその子をかわいがると
途端に「うぅ~!! わんっ!!」
というような光景がよく見られました
だけどRは……?
全くやきもちを焼かないのです
たまにはやきもち焼いてー、とお願いしたくなるくらいでした


















そんなRにもほんの一時期だけ
それもたった一頭のわんこにだけ
激しくやきもちを焼いたことがありました


















あれはRがまだ1歳になるかならないかの頃
お散歩もかなり長くなってきて
お友だちもたくさん出来ていました
毎日行っただだっ広い広場(今はマンションに)では
いつもたくさんのわんこが集結していました
「小さいRのお散歩」
その広場の近所に住んでいるゴールデンの女の子がいました
たしか名前はHちゃん
とってもおとなしい子で
一言も吠えず、いつもしっぽをブンブンしてご挨拶に来てくれました


















Rともきちんとお鼻とお鼻でご挨拶
Rもちゃんとご挨拶します
ところが私がHちゃんを撫でた瞬間……
「わんっ!!!!!」
とものすごい血相でHちゃんに当たるのです
後ろ肢で立ち上がり、
前肢でどんっ!!とHちゃんを押すのです
Hちゃんはいい子なのでされるがまま
RはHちゃんの回りをうろうろしながら
キーキーしているのですが
Hちゃんはチラ見するだけ


















最初は何が起きたのかわかりませんでしたが
「これはRのやきもちだ!!」
とわかって
私はとってもうれしくなっちゃいました
「私はRに愛されてる!!」
みたいなしあわせを感じました(笑)



















それからはHちゃんに会うと
敢えてHちゃんをナデナデして
Rにやきもちを焼かせて感動していました(笑)


















でもいつの頃からか
ぱったりとやきもちが止まってしまいました
Hちゃんと会う頻度が減ったせいなのか
とにかくやきもちを焼かなくなりました

















その後も何度かRの目の前でわざと
よその子を思いっきりかわいがって
「かわいいねー いい子ねー よーしよし」と見せつけて(!)みましたが
Rはにこにこして見てるだけ
そしてそそくさと、よそのおかあさんの所へ行ってました


















あの貴重なやきもちが恋しいです

















今日もありがとうございます🍓












やきもちなんて焼いてもおいしくないわー

15535181440.jpeg










たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

2019/03/23(Sat)

訃報の発信




こんばんは🍞









今日は戻ります🍓
Rをお空へ送り出して数日後くらい
私はRがお世話になった方々に
Rの他界の報告とこれまでのお礼をメールしました



















前の家の頃のお友だち
初めてうちに来た頃のお友だち
小さい頃かわいがってくれた私の親友
通っていたお教室の先生
Rのためにたくさん仕事の都合をつけてくれた私の職場の上司
みんなにRがものすごく頑張ったことと
大切にしてくれてありがとうを込めて
一通一通送りました


















するとみなさんから
あたたかい返事をいただきました
誰もがRの健闘を称えてくれました
感謝の気持ちでいっぱいになりました


















その中でお教室の先生から
「教室でRの訃報を伝えました みなさんからメッセージを預かってるので添付します」
とたくさんのメッセージをいただきました
たくさんのメッセージには
私が知らない方からのものも含まれていました
先生はいつも教室で
事あるごとにRを例に引き出してくれて
「歳をとっても若々しさを保つ子」
「大きな病気をしながらも長く生きてる子」
「早期発見早期治療の大切さ」
「栄養の効果的な摂りかた」
などの講義の中でRのことを話してくれていました
だから私が知らない方も
間接的にRのことを知っていて
そしてお悔やみメッセージまでくださったのです


















なんてありがたいことなんでしょう
私は胸がいっぱいになって
見えないRに伝えました
Rも大好きな先生と
大好きなお教室のお友だちから誉められて
きっときっと喜んでいたはず



















そして数日後
先生からお花が届きました
枯れないプリザーブドフラワーのリースで
Rにお似合いのかわいい色合いでした
早速Rの小さい骨壷のそばに飾りました


















引越しが多かったRの生涯
お友だちが点在しちゃってたけど
こんな風にお教室の後輩わんこたちとも繋がっていることを知って
やっぱりRはすごいなぁと思いました
みんなから愛されるRが
私の誇りでした


















Rのこのたくさんの経験を
他の子たちにも役立てたいと
さらに強く思いました
この時はまだそんな力はなかったけど
絶対いつか、これまでのことをブログに書こう、と思いました



















先生がくれたリースは
今もキレイに
いつもそこにいてくれます


















今日もありがとうございます🍓











お教室の先生に撮ってもらった写真
うれしそう❤

15533526920.jpeg












今もキレイです✨

15533527600.jpeg










たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

2019/03/22(Fri)

開花




こんばんは🍕










今日は戻らず
今日の出来事を書きます🍓

















今日の夕方
ウォーキングしようと外に出て
近所のちょっとした桜並木を通りました
さらっと見た限りではほぼ開花してなかったけど
一番手前の大きな木に
2輪ほわんと咲いていました


















ここ数日テレビの話題は桜の開花で
開花宣言がどうのこうのと
連日中継されています
私にとってはもう正直それほど興味はなく
たた流し見していましたが
自分の目で開花を見て
いろんな気持ちになりました



















このブログでも何度も書いてるように
「桜が咲くまで生きる」というのは
これまでのRの長い長い闘病期間のひとつの目標になっていたので
「開花」ということを
とても喜ばしく思っていました
特に最後の春はもう命のギリギリだったので
本当に本当に重大なことだったのです


















去年の開花はただ辛かったです
Rのいない世界での桜はただ辛くて
Rがお空に行った日のことばかりが
ズガンと胸に刺しました
どうしても素直にただキレイだと思って見れなくて
とっても複雑な気持ちのお花見をしました

今年は……?


















私が少しは強くなったからなのか
この状況に慣れたからなのか
去年のような
えぐられるような辛さではありません
だけど
やっぱり桜は私にとって特別なもので
いろんな思いが押し寄せて
しばし立ち尽くしてしまうのです



















今日、咲いた2輪の桜を見ながら
最初に思い浮かんだのは
Rが旅立った後にお空に持たせるものを買いに出たとき、
Rのために落ちてる桜を拾ったことでした
キレイな桜を拾い上げて
眠り姫Rの待つ部屋に戻ったときのこと
あの時の気持ちまで甦ってきて
また苦しくなりそうでした
が、そこでぐっと力を入れました
「もっと楽しかった時の桜を思いだそう 命の危機なんて考えてなかった頃の、ただ楽しかった時の桜を思いだそう」
そう頑張りました


















Rがいなくなってから
かなり長い時間、
私はRの最後の方のことばかり浮かんできていました
Rが辛そうだったこと
Rが急変したときのこと
ぐにゃぐにゃになって朦朧としたRのこと
そんなことばかりしか
浮かんでこなかったのです
だけど
ふと最近の自分を振り返ると
元気なRを浮かべられるようになっています
まだまだですが
少しは私も前に進んでるのでしょうね


















来月にはまたRの日がきます
2回目のRの日
まだまだぐずぐずしていますが
Rを思いっきり愛していたので仕方ありません
私のペースでゆっくりゆったり
じりじりと歩きたいと思います


















毎日、読んでくださるみなさんに
本当に力をもらっています
本当にありがとうございます🍓


















改めて
これからもよろしくお願いします


















今日もありがとうございます🍓












楽しい桜の下でのボール遊び✨

15532647260.jpeg













おくちの中も春🌸

15532647100.jpeg











たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

2019/03/20(Wed)

敷き直した毛布




こんばんは🍝











今日は戻ります🍓
Rをお空へ送り出して数日後くらい
目に見えるところからRの痕跡が
大きいものからなくなっていき、
ぱっと見では
何だか最初からRがいなかったかのように
そんな空間になってしまいました





















悲しくて辛くて身体は動かなくて
思考は「Rがいなくなってしまった」ということと
「もっと早く病院に連れて行ってたら」という2つだけでした





















ぼんやりとぐずぐずと
何をするでもなく、ただ
同じ思考を繰り返しては
ボロボロになっていました
そんな時
Rの痕跡のあまりのなさに耐えられなくなりました




















あそこにおトイレがあって
動かしにくい足で頑張って行ってた
あそこにはおかしの機械があって
いつも離れず覗いてた
あそこにはRのお気に入りの毛布が敷いてあって
いつもその上ですやすや寝てた
だけど全部なくなっちゃった
私がすごい勢いで片付けちゃったから





















「Rがそこにいた」という見えるものが欲しくなり
私はひたすら抱きしめていたRの毛布を
Rが使っていた場所に戻しました
もういないのに
元の場所に敷きました



















元の場所に敷かれた毛布を見て
ああ、ここにいたんだ
Rはちゃんとここにいたんだ、と
ほんの少し安心できるような気持ちになりました



















その頃は何かをぎゅっとしてないと
眠れなかったので
寝るときはまたその毛布をくるくる丸めて
ぎゅっと抱きしめて
必死で悲しさと寂しさと戦っていました



















今日もありがとうございます🍓












この毛布をここに敷き直しました

15530799370.jpeg












たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

2019/03/20(Wed)

タバコのおじさん




こんばんは🍟










今日は戻らず寄り道します🍓


















今の家に来てからのこと
私にとってもRにとっても
何もかもが新しく、転校生の気分でした
お散歩ももちろん、
道もわからないのでとにかくウロウロと
Rと毎日探検しました
そんなある日
うちの近所の月極駐車場であるおじさんに遭遇しました


















そのおじさんはわんこ好きらしく
Rと目が合うとすぐそばに来てくれました
そしてRを念入りにヨシヨシ
Rもうれしそうでした
特に何かを立ち話するわけでもなく
ただRをかわいがってくれていました
そしてその駐車場を通りかかると
ちょくちょくそのおじさんに会いました


















最初の数回は気にならなかったのですが
数回目にあることに気付きました
おじさんにヨシヨシしてもらって
家に帰ってRの体を拭くとき、
おじさんが触れたところがかなりタバコ臭いのです



















そういえばおじさんと話してると
風向きによってタバコ臭を感じました
駐めてある車のダッシュボードには
ものすごくキツそうなタバコがわんさか!
要するにおじさんの手にタバコ臭がついてて
それがRにももれなく付いてきていたのです


















Rは全く気にしてませんでしたが
本気ですごいパワーで臭ってて
ホットタオルで念入りに拭かないと消せませんでした
特にサロン帰りとかその翌日とかは
「せっかくキレイになったのにー」という気持ちから
だんだんと遭遇しない道を歩くようになりました
そしてついにはほぼ会うこともなくなり
Rもいなくなってしまいました



















あのおじさん、
あのわんこに会わないなあ、と思ってるでしょうか


















今でも駐車場辺りで見かけますが
Rを連れてないソロの私には気付くこともありません


















そんなときいつも心の中で思うのです

「おじさん、いつもRをかわいがってくれてありがとう いきなり避けてしまってすみません Rはおじさんのこと、大好きでしたよ」と

あえて近寄っていって
Rはいなくなりました、なんて言うのも……
そうやっていつも
ぐずぐずと言い訳しながら
おじさんを盗み見るのです



















たかがタバコ臭だけど
Rに害がありそうなものは排除したくて
されどタバコ臭だったんだよなぁ
おじさん、あの時は本当にごめんなさい


















だけどRを愛してくれるのは
本当にうれしくてしあわせなのです
それだけは間違いありません


















今日もありがとうございます🍓













ふきふきタイム✨
ホカホカタオルで拭かれるのが大好き!気持ちよくて変な声がでます(笑)

15530534770.jpeg











たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

次のページ>>

プロフィール

strawberryらず

Author:strawberryらず
2017年4月9日、かけがえのない大切な愛犬が旅立ちました。リンパ腫でした。
病気の早期発見、早期治療、日々の管理、観察の大切さなど、「これはやって良かった」と思えることや「もっとこうするべきだった」と思ったことを、伝えていきたいと思いブログを始めました。
私自身が看護師(人間の方)なので、病気の説明などもわかりやすくできたら、と思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
抗がん剤 (41)
リンパ腫 (7)
なぜがんになると死ぬか (1)
死を受け容れるということ (3)
乳がん (4)
血管周皮腫 (1)
病気 (16)
役立つこと (31)
事件 (83)
思い出 (174)
思い (375)
抗がん剤治療をやめてから (85)
旅立ちのあとで (48)
Rがいない毎日 (61)
ひとりの日々の出来事 (76)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR