FC2ブログ

キミのためにできること

リンパ腫と闘い5年5カ月生存した愛犬にしてきたこと

2018/11/30(Fri)

最後の添い寝





※今日、最後の方に旅立ったRの画像を載せています















こんばんは🐝











今日も戻ります🍓
2017年4月9日
Rと過ごす最後の夜
最後の添い寝をしようと
Rをベッドに連れていきました




















前にも書きましたが
Rは最後の数日はうんちが思うように出ず
息を引き取ってからも
腸に残ったものがちょっと出てきました
汚れたらかわいそうなので
肛門に綿花を詰めたのですが
後からまた出てきたりしたので
追加でも詰めました



















その後はしばらく出てこなかったのですが
やはり体勢を動かしたり
特にお尻が水平より低くなると
少しまた出てきたりしました
なのでまた少し追加で綿花を詰めて
その後体勢には気をつけました
だからRをベッドに連れていくのは
ちょっと難しかったです
水平の位置を変えないように
Rのタオルケットの下に手を入れて
まっすぐのまま、連れていきました



















その日はまだ肌寒く
いつもならば電気毛布のスイッチをONにするのですが
Rの体を冷たく保たなければならなかったので
この夜は使いませんでした
室温が上がらないように
少し窓を開けたまま
掛布団はRにかからないようにし
でもRと密着して寝たかったので
私は最低限の薄い毛布だけ使うことにしました



















ベッドに運ばれたRは
何だかうっとりしているようで
とてもかわいかったです

音をたてたら今にも
ぱちっとおめめが開いて
「ママ〜 なあに〜」
とにこにこしそうでした
















最後の添い寝の始まりです
















この後、最後の方に旅立ったRの画像を載せています
見たくない、という方は
ここで閉じて下さいね























今日もありがとうございます🍓




















何だかちょっとうれしそう

15435829930.jpeg












たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

スポンサーサイト



2018/11/30(Fri)

冬のしあわせ




こんばんは🐌











今日も戻ります🍓
2017年4月9日
Rと過ごす最後の夜です
最後だと思うと
もうたくさん時間は残ってないのだと思うと
お風呂にゆったり浸かる気も起きず
早々にお風呂を出ました



















Rは相変わらず平和に眠ってました
触れるとやはり冷たかったけど
この時点ではもう受け入れられてました




















Rはいつも冬になると
決まって夜中に私のベッドにぴょんと手をかけて

「ママ〜 おふとんいれて〜」

と訴えに来ました
私が寝たままでRを引っ張り上げてやると
Rは短いあんよを必死にバタバタして
ベッドによじ登って来てました


















その後は鼻で私の掛布団をめくって
うんしょうんしょと私のお腹の上をのしのし通過し
私の太ももの間にはまると落ち着いて
私の太ももを枕にして寝始めるのでした




















でもやっぱり布団の中ではすぐに暑くなり
足の間でゴソゴソしだし
その後は私のお腹の上をまたのしのし通過して
顔を布団から出して

「ハッハッハッ」

と荒い息をしていました
そしてそのまま回れ右をして
今度は掛布団の上をのしのし足方向に向かい
掛布団越しの私の太ももの間で落ち着き
また私の太ももを枕にして
鼻ため息をふーーーっとついて
あっという間にすやすや寝るのでした
















掛布団の上に重いRがいるので
もう二度と布団を引き上げられず
肩が布団から出たままになったこともありました(笑)
気持ちよさそうによく寝ているRを起こしたくなくて
腰が痛くなりながらも
限界まで寝返りを我慢したものです

















Rがあったかくて
聞こえてくる寝息がたまらなく愛しくて
冬のあの時間が大好きでした
だから久しぶりに
今日は一緒にベッドで寝ることにしました



















Rもベッドが大好きだったから
きっと喜ぶはず
私はRに

「R〜、ママとおベッドで一緒にねんねしようか」

と話しかけました

「うふ〜 いいとおもうわ〜 たのしみ〜」

と眠ったまま答えたような気がしました




















Rの体はもう硬直していたので
普通に抱っこする感覚ではなかったですが
Rの体勢が崩れないように
Rの下に敷いたタオルケットごと
そっと持ち上げてベッドに連れていきました



















最後の添い寝でした


















今日もありがとうございます🍓













お布団ラブ❤

15434830540.jpeg












たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ


2018/11/28(Wed)

急がなくてもよくなったお風呂




こんばんは🐚











今日は戻ります🍓
2017年4月9日
Rと過ごす最後の夜です



















私はお風呂に入ったのですが
ここ数日はRの状態が良くなく
普通にお風呂に入れていませんでした
入らない日もあり
入ったとしても猛ダッシュで上がってました
お風呂に入ってる間に何かあったら、と思うと
悠長になどとても入れなかったのです




















でもこの日のお風呂は
もう急がなくても何も起こらないのです
お湯に浸かりながら
そんなことを思い、
今日一日を振り返りました


















Rが逝ってしまった





















明日になったらもう二度と会えない




















本当に逝ってしまったのだ
本当にこの日が来たのだ
本当に
もう会えなくなるのだ





















そんな思いばかりが
とめどなく押し寄せました
そして今日の最期の時間がフラッシュバックして
もう本当に
苦しかった




















でもまだRは2階にいるのだと
まだそばにいるのだと
そう思うとそばにいたくて
すぐにお風呂を出ました


















今日もありがとうございます🍓















なでなで大好きなR❤

15433959840.jpeg












たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ


2018/11/27(Tue)

今年のクリスマス




こんばんは🐙










今日はひと休みにします🍓




















今年もまたクリスマスシーズンが来ましたね
ここで何度か書いていますが
私が1年で1番好きなのが
このクリスマスシーズンです
街中がクリスマスに向かってキラキラしていく
そしてイヴが来てクリスマス……
キラキラのツリーも
心弾むクリスマスソングも
本当に大好きだったのです


















それほどに大好きなシーズンだからこそ
Rと過ごすそのシーズンは
とても楽しくてしあわせで
ワクドキに胸がはち切れそうでした

リンパ腫になるまでは
















そしてリンパ腫という命を脅かされる病気になってから
このシーズンは言葉では言い尽くせないほど
大事で大切で愛しくて
次はもうないかも、といつもいつも必死にでも楽しく、
何か追われるような焦るような気持ちにもなって
でも立ち止まる暇もなくて
1分1秒無駄にするものかと
それはそれは
全力で一生懸命だったのです




















11歳の11月に発症したので
1度目のクリスマスはすぐそこだったけど
2度目はないかもと思っていました
だから2度目を迎えられた時
どれほどうれしかったか、想像してもらえると思います
3度目、4度目、5度目……
そして最後になった6度目
この時はもうこれがきっと最後だと
心の奥の方でわかっていた気がします

今思っても
6度目まで迎えさせてくれたRは
本当にすごかったのだと思います





















だから
去年のクリスマスシーズンは辛かったです
初めてのRのいないクリスマス
ツリーもクリスマスソングも
ただ苦しくなるばかりでした
毎年待ち焦がれるシーズンだったけど
まるで他人事のような感じでした
早く終わればいいのに、とさえ思いました



















今年は去年とは少し違います
Rがいないことに変わりはないけれど
この約1年半でいっぱいいっぱい苦しんで
いっぱいいっぱい見えないRと過ごして来ました
見えないRとちょこちょこお話して
見えないRを見ようとして来ました
実際、見えるわけもなく
話したって返事はありません
だけどそこにいるのだ、と思うことでしか
前に進めなくて
毎日を普通に過ごせなくて
ずっとずっとそうやって来ました

いろんな後悔もして
あの時あれで良かったのかと自分を問い正したり
あれで良かったのだと
そう思うより他なくて
無限ループ地獄でした
今だって時々とてもダメになる時があって
Rに会いたくて会いたくて
苦しくてたまらなくなることもあるのですが





















よく「時間薬」といって
時が傷を癒やしてくれる、というようなことを言われますが
確かに立ち上がるのには「時間」が必要なのだと私も感じました
だけどただ時が過ぎればいいのではなくて
その時間の中で
いろんなことを考えて噛み締めて
噛み砕いて染み込ませて消化して
いっぱい後悔もして
たくさん悩んで
少しずつ少しずつ前を向けるようになるのかもしれないと思いました



















もちろんRがいないことは
いつも悲しいし寂しくてたまりません
だけど
本当にそばにいてくれているような
そんな感じが時間と共に強くなってきて
今年のクリスマスシーズンは
ちょっと楽しんでみたい、くらいに
思えるようになってきました


















今年初めて
ずっと欲しかったポインセチアを買いました
動物に毒性があるので
Rに万が一があってはならない、と今まで買わずにいました

















今年はRと
ポインセチアを毎日眺めて
去年よりは楽しいクリスマスにしたいと思います🍓


















淋しいとき、苦しいときは
見えないRと呪文?を唱えています

「いつも一緒 ずっと一緒 あーんしん」と










「ママ〜 あんし〜ん だいじょうぶよ〜」


















今日もありがとうございます🍓
















いつも一緒 ずっと一緒 あーんしん、だね

15433290750.jpeg













今年は一緒にポインセチアさん見ようね

15433285410.jpeg













たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

2018/11/27(Tue)

おしゃべりの時間




こんばんは🐡









今日も戻ります🍓
2017年4月9日夜になりました
持ち帰った桜の花をRの頭にのせて
最後の桜のせ写真を撮りました


















この桜の花はそこそこの量を持ち帰ってたので
明日のお棺の中に入れてあげようと思い
写真を撮り終わってから
頭にのせてた分も大切に容器に入れておきました



















そのあとどうやって過ごしたのか
くっきりと思い出せないのですが
きっとただ何となくRとくっついて
ずっとお話をしてたように思います



















「R、Rはすごいよ



 すごく頑張ったもんね



 大変なこともいっぱいだったけど



 そんなの忘れちゃうくらい



 楽しいことばっかりだったね


 
 これからだって楽しいよ



 もっと楽しいよ



 もう楽しいことしかないよ



 ワクドキだねー



 ママはRのママになれて、本当にしあわせだよ



 ずーっとずっとRはママのご自慢だよ



 



 R、今までいっぱいお留守番させてごめんね



 具合悪い時もあったもんね



 ママね、ずっと謝りたかったんだ



 いつもいつもおりこうさんに待っててくれたね



 本当にありがとうね



 ママね、お出かけの時もね



 ずっとRのこと考えてたよ



 R大丈夫かな、って



 出かける時はいつも心配でね



 病気する前は



 「おりこうで待っててね」だったけど



 病気してからは



 「元気でおりこうに待っててね」になったね



 心配で心配でたまらなかったんだよ



 だからいつも帰って来て、



 Rが元気で待っててくれて



 本当に安心したしうれしかったんだ



 





 これからはお留守番しなくていいもんね



 一緒にお仕事行こうね



 スーパーのお買い物も一緒に行こう



 どこでも一緒に行けるもんね



 楽しみだね



 いつも一緒、ずっと一緒、あーんしん、だね










 ママお風呂入ってきていーい?」






「いいとおもうわー」


















今日もありがとうございます🍓














明日も桜さんのせようね

 
15432454890.jpeg












たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

2018/11/25(Sun)

桜のせR


※今日、最後の方に旅立ったRの画像を載せています












こんばんは🐠











今日も戻ります🍓
2017年4月9日
Rをお空に送る日を明日に決めて
お空へ持って行くものを買い足しに行き
満開の桜並木で
キレイな桜を拾い上げて持って帰って来ました























送る日を明日に決めたので
Rの体にはドライアイスではなく
アイスノンを使いました
ずっとお守りとして持っていた「天使のつばさ」は使いませんでした
これはあくまで安置日数を延ばしたい時のために購入したものなので
明日の見送りでは必要ありません
それに何と言っても
Rをそのフィルムに包んでしまったら
顔は見れるけど
もう直には触れられない
それがいやだったのです





















家に着いて眠り姫Rに

「R、ビスケットと牛乳とチーズのパン買ってきたよ 明日持っていこうね それとねお花持って帰ってきたよ いつもみたいに頭にのせてお写真撮ろう」

「うっふふ〜 いいとおもうわ〜」

そしてさっそく
Rの頭に桜を乗せてあげました




















去年も一昨年も
桜を頭に乗せて写真を撮った時、
写真を撮る時に「まてよ まだよ」
と言って撮り終わると「よーし いいよー」
というせいなのか
鼻パクの時のような感じで
頭に乗せた桜をぱくっと食べて笑わせてくれました


















もう食べてはくれないけれど
眠ったままだけど
でもRは何だかちょっとうれしそうに見えました




















ママがお空に行ったら
また続きをしようね





















今日はこの後、最後の方に旅立ったRの画像を載せています
見たくない、という方は
ここで閉じて下さいね


















今日もありがとうございます🍓






























R、かわいいね(*^_^*)

15430649470.jpeg












たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ


2018/11/23(Fri)

明日




こんばんは🐟










今日も戻ります🍓
2017年4月9日
Rの体をキレイにしたあと
お空に送る日をいつにするのか
私はRを見つめながら、
ぼんやりと、でも真剣に考えていました




















Rはリンパ腫としては
闘病生活がかなり長いものになりました
だからずっと長い間
毎日この日が来ることを考え
辛くなり苦しくなり、でも
一歩ずつ一歩ずつ時を大切に
今日まで来ました


















だからこの日のための心の準備をする時間は
私にはたくさん与えられていました
この日のイメージトレーニングというか
具体的なことをたくさん想像して来ました
いろんなことを調べて勉強もして来れました
だからこそ
「いざその時」が来ましたが
比較的落ち着いて行動出来たのだと思います


















でも
これが遂に本当にお別れで
もう会えない もう触れられない
二度と会えなくなるのだ
そう改めて思った時
「手放したくない」という思いがチラチラとして
私は自分に自信がなくなりました
何日かこのRをそばに置いていたら
もう
霊園に連れて行けなくなるような
いつまでたってもお空に送る決心がつかなくなるような
そんな気がしたのです

















そんなことになってしまっては
私が長い間願って来た「最高の見送り」が出来なくなり
それどころか
Rの体が傷んでいってしまいます
だから今の勢いのあるうちに
最高の形で見送ってやりたい、という思いが勝っているうちに
潔く見送ってあげなければいけない、という
そんな思いに駆られ
後で後悔しないためにも
私は一日だけRと過ごしたら
Rをお空に送ってあげようと決めました




















決意が鈍らないうちに
霊園に電話をしました
明日の午後伺いますと申し出たら
時間はいつでも構わない、と言ってくださいました



















私は眠り姫Rに

「R、明日お空に行けるよ リュックにいっぱいおいしいもの入れてあげるからね いっぱいいっぱい走れるからね 楽しみだね」

と話しました


Rは眠りながら

「うっふふ たのしみ〜」

と言っているような気がしました
















今日もありがとうございます🍓










この時までに用意したもの

15429769880.jpeg











これを食べやすいように、バラバラにしてまとめました
パンバン(笑)

15429768780.jpeg










R〜、楽しみだね〜

15429771440.jpeg












たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ


2018/11/23(Fri)

その日に対する思い




こんばんは🐬












今日も戻ります🍓
2017年4月9日
Rの体をキレイにしたあと
私はあることを決めなければなりませんでした
Rをお空に送る日です




















以前いろいろと調べた時に
遺体の安置日数について調べました
そこにはいくつかの安置方法が書かれていて
それぞれで日数に違いがありました
保冷剤、ドライアイス、安置用の棺
そして季節によってももちろん違いました




















安置用の棺というのは
以前このブログでも書きました
「終活」
「天使のつばさ」という商品で
お布団に寝かせたペットを
特殊なフィルムでカバーするというものです





















これに安置すると季節を問わず
約1週間くらいは安置が可能とされています
楽天やamazonでも取り扱っています
私はこれをRが10歳になった時に購入し
お守りとしてしまってありました
両親はまだその頃は東京に住んでいたので
いざその時に両親が駆けつけるまでの時間をかせげるように
また
いざその時に焦らずにいろんなことが決められるように
心ゆくまでそばに置いておけるように
そんな思いから持っていました





















ドライアイスの場合は
2日に1度の交換で夏場で4〜7日可能だそうです
ネットでも購入出来ます

保冷剤の場合は
夏場で1〜2日、冬場でも3〜4日ということでした


















私は「天使のつばさ」を購入した頃は
出来る限り長くそばに置きたいと思っていました
だけど実際にこの時を迎えて
他の思いが私を支配しました





















「潔く送ってやらなければ手放せなくなるのではないか」という思いでした













今日もありがとうございます🍓












すごい寝相(笑)
パジャマのつなぎも片脚脱げてます

15428857000.jpeg














たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

2018/11/21(Wed)

その日を決めるということ




こんばんは🐋











今日も戻ります🍓
2017年4月9日17時頃
お空に持たせるものを買い足しに
近所のドラッグストアに行き
買い物をすませ
眠り姫Rのもとに戻りました



















順番が前後してしまいますが
このドラッグストアに行く前
Rをキレイにしたあと
もうひとつしていたことがありました


















それは
お空に送る日を決めることでした



















Rは旅立ってしまって
もう目を覚ますことはないけれど
確かにそこにいました
眠り姫Rとして私の目に映っていました
だけど
お空に送ってしまったら
もうRの姿を見ることはできないのです
もうRに触れることもできません




















またいつか会える日が来る
見えなくなるだけで
Rはこれからもそばにいる

そういうふうに思ってはいても
確実にもう会えなくなる、
お別れの時ということです



















だから慎重にというか
私が納得のいくように
後悔のないように
その日を決めなければなりませんでした

















今日もありがとうございます🍓












おかし食べるひと!

15427918230.jpeg














たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

2018/11/20(Tue)

最後の買い物




こんばんは🐳









今日も戻ります🍓
2017年4月9日17時頃
お空に持たせるものを買い足しに
ドラッグストアへと向かう中
Rとよく歩いた桜並木をひとりで歩いて
いろんなことを思いながら
キレイな桜を拾い上げて容器に入れました
その日桜が満開でした





















ドラッグストアでは
北海道チーズ蒸しケーキ
パックの牛乳
マリービスケット
を買いました




















Rが食欲不振になって
このチーズ蒸しケーキとアイスしか食べれなくなってきた時、
このチーズ蒸しケーキを求めて
いつも探していました
売り切れてたり、
1個しか置いてなかったり、
このチーズ蒸しケーキだけを求めて
いくつかのお店をハシゴしたこともありました
しかも量を食べれてた頃は
そこそこの量を買い占めてたので
いつも買い物カゴの中に4個くらい入れて
レジの人に「よっぽど大好物なんだ」と思われてるだろうなぁ、なんて思ったことも





















牛乳はRの大好物で
ごはんが食べれてた頃は毎食後、
デザートとして牛乳を少し飲んでいました
夏は冷たいままで
冬はほんの少しあっためて
1回量はわずか15g程度なのに
Rは本当に喜んでおいしそうに飲んでいました
Rがおいしそうに食べたり飲んだりするのは
見ていて本当にしあわせでした

















マリービスケットは普段あげていたわけではなく
ただリュックに入れるおやつで
Rの好きなジャンルを網羅したくて
ビスケット類として選びました
わんこ用でも探していたのですが
なんとなく気に入ったものがなかったので
もう何をどれだけ食べてもいいのだからと、
マリービスケットにしました
















お店の外に出たら
もう薄暗くなっていました
帰り道は悲しくて
いつもこの道をいろんな思いで歩いたな、と
溢れる思いにこらえながら歩きました


















でも私にはまだ
Rを最高の形で送り出してやるために
やらなければならないことがあったし
だからまだ終わりではありませんでした
Rのためにやることがある、という
それがその時の私を支えていたのだと思います

















帰り道に見た桜並木は
薄暗くなった空の下で
白さを際立たせて
キレイに咲いていました


















家に着いて2階に上がると
眠り姫Rは相変わらず眠り姫で
やっぱり目は覚ましてくれませんでした

















今日もありがとうございます🍓










前の年の桜並木で

15427198080.jpeg











15427196860.jpeg













たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ


次のページ>>

プロフィール

strawberryらず

Author:strawberryらず
2017年4月9日、かけがえのない大切な愛犬が旅立ちました。リンパ腫でした。
病気の早期発見、早期治療、日々の管理、観察の大切さなど、「これはやって良かった」と思えることや「もっとこうするべきだった」と思ったことを、伝えていきたいと思いブログを始めました。
私自身が看護師(人間の方)なので、病気の説明などもわかりやすくできたら、と思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
抗がん剤 (41)
リンパ腫 (7)
なぜがんになると死ぬか (1)
死を受け容れるということ (3)
乳がん (4)
血管周皮腫 (1)
病気 (16)
役立つこと (31)
事件 (83)
思い出 (174)
思い (375)
抗がん剤治療をやめてから (85)
旅立ちのあとで (48)
Rがいない毎日 (61)
ひとりの日々の出来事 (76)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR