FC2ブログ

キミのためにできること

リンパ腫と闘い5年5カ月生存した愛犬にしてきたこと

2019/11/15(Fri)

心からの声




こんばんは🐧










今日は久々に戻って
水玉のノートに書いてあることを
またここに残していきます🍓





















ある日の記録


『 R

  

  会いたいなぁ


  さわりたい


  ぎゅってしたい


  

  一緒におさんぽしたい 』






















何てことはない、つぶやきのような記録
だけどこれは
心からの声でした



















少し前までは
すぐそこにいてくれて
手を伸ばせば触れられたのに
腕を回せば抱きしめられたのに
いきなりいなくなってしまった




















どんなに強く願ったって
私の命と引き換えにしたって
Rは戻ってこない
本当に
本当にいなくなってしまった
死ぬということ
命がなくなるということ
それは
もう一生、
二度と会えなくなることなのだ




















会いたいな
でもRはいない
Rは本当にいなくなってしまった
もう二度と会えないのだ
こんな思考が堂々巡りして
毎日
一日に何度も振り出しに戻っては
ひたすら繰り返しました




















外に出て
お散歩わんこを見るのが
とてつもなく辛かった




















「見たい夢を見る方法」があるか
真剣に調べたり
家から出ずに
ずっとRの動画を見ていたり





















とにかく
ただ
Rに会いたかった




















今日もありがとうございます🍓















会いたかったよ
今も会いたいよ

15737362430.jpeg












たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

スポンサーサイト



2019/11/07(Thu)

ふたりで歩いた道




こんばんは🐮











今日は久々に
水玉のノートに書いてあることを
またここに残していきます🍓





















ある日の記録


『 ここの道も

  この道もあの道も

  Rと一緒に歩いた道





  Rと歩いた道を

  一人で歩く






  愛しさと寂しさで何もできない 』





















少し前にも書きましたが
「何でもない道」
Rを送り出して数ヵ月の頃も
同じように思っていました



















同じように、ではありませんね
あの頃の方が
切り裂かれるような痛さでした
近所の道なんて、
大概がRと一緒に歩いた道です
だからどこを歩いても
Rと一緒に歩いた時のことが甦り
なんで私は今ひとりで歩いてるんだろう、と
歩くだけで苦しくなりました





















だから近所を歩くのが
本当に嫌になりそうだったのですが
でも
この道々には
Rとの思い出が詰まっていました






















ここでRは必ず向こう側に渡るんだ
この段差でつまずいたな
この場所のにおいは必ず嗅いだね
この角を曲がるとき、いつも私を見上げておやつをねだってた
ここでいつもおじさんに撫でてもらって

あの道も
この道も
Rとの時間がいっぱいいっぱい
全部全部、私の宝物だ

そう思ったら
苦しくても寂しくても
この道々を歩くのが
嫌だとは思わなくなりました
本当に苦しいのだけど
涙が溢れて仕方ないのだけど
でも
Rとの軌跡を大切に
抱きしめていたかった




















そんな日々でした























今日もありがとうございます🍓














一生懸命歩くR

15731324260.jpeg












たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

2019/10/15(Tue)

宝物の空気




こんばんは🐹











今日は
例の水玉のノートに書かれていることを
またここに残していきます🍓















ある日の記録

『 抗がん剤をしたあとの

  明け方の空気が忘れられない

  薬が効いたか

  期待と緊張の気持ちで

  患部に触れた



  

  忘れない  忘れないよ




  腫瘤が小さくなってる

  やわらかくなってる






  Rを抱きしめた







  あの夜明けの時間

  それも私の宝物 』





















あの空気感
今でも鮮明に思い出せます
「あの夜明けの空気」






















ギリギリの所に立たされて
先が全く見えない世界で
ひとすじの光が射したというか
私が生きてきて
これまでには経験したことのない
言葉に出来ない気持ちでした
「死」と隣り合わせということは
こういうことなのだと思いました























昨日まであった腫瘤が
抗がん剤が効くと
早くて翌日には消えてなくなる 
そうかと思えば
昨日までなかったところに
ある日突然そこそこの大きさの腫瘤が出現する

リンパ腫というのは
驚きの進行の早さですが、
薬が効いた時の腫瘤の消え方も早く
本当に目の離せない病気です
何度も再発したので
何度もそれを実感しました






















リンパ腫の多くは
体をさわることで見つけられます
普段からよく
わんこの体をしっかりさわってあげてください
「きっと何もないだろう」
と思いながらさわるのではなくて
「何かあるかもしれない」
という思いでさわってください
その違いは
大きいような気がします



















今日もありがとうございます🍓











おかあさんのだっこ

15710496930.jpeg












たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

2019/09/22(Sun)

日曜日




こんばんは🌹











今日は戻ります🍓






















Rをお空に送り出して
ちょうど1週間後から
それは始まりました




















Rが旅立ったのは
日曜日のお昼でした
   





















日曜日というのは
私にとっては休日で
1週間の中では特別な空気感があります
ゆるい感じで始まる1日
テレビの番組もいつもと違います
そんな日曜日に
Rは息を引き取りました

























Rがいなくなって
月曜日、火曜日、水曜日‥‥と過ぎて行き
また日曜日が来ました
そしていつもの独特な空気が流れ始め
私は一気にタイムスリップしました






















Rの命が消えたあの日の
あの空気の中にいるような気持ちになったのです
それは私にとっては
「Rがいなくなった日曜日」ではなく
「Rがいなくなる日曜日が始まる」
という空気感でした
だから
この日にRが死んでしまって辛い、
ではなく
今日これからRが死ぬのだ、
という気持ちにさせました





















それはとても私を落ち着かなくさせ
常時ざわざわざわざわと
心が乱され
切羽詰まった気持ちになりました

























これからRは死ぬのだ
もう二度と帰ってこなくなるのだ

そんな絶望的な空気の中で
じっと耐えていなければなりませんでした




















そしてその最初の日曜日がやっと終わっても
また次の日曜日は来ました
その次も
その次の次も
日曜日は必ず訪れました
私はそんな日曜日の空気の中で
息をするのが辛かった



















私は日曜日が苦手になりました






















そんな日曜日も数十回越えて
100回以上になった今では
ずいぶん楽になりましたが
長い間、本当に苦しかった





















今日は日曜日
穏やかな一日で終われそうです























今日もありがとうございます🍓
















R、ママ、日曜日大丈夫になったよ

15691575970.jpeg












たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

2019/09/14(Sat)

止まった時間




こんばんは🌳











今日は例の水玉のノートに書いてあることを
またここに残していきます🍓


















ある日の記録


『 Rがいなくなって

  次の日はお葬式

  その次の日

  Rのトイレをしまった

  その次の日

  お菓子の機械をしまった

  その次の日

  お散歩グッズをしまった

  そして数日の間に

  お洋服の整理をした

  

  何かしなくちゃという思い

  すぐにRのものをしまえる自分を

  作っていたのかもしれない





  あれから 止まってしまった 』



















記事にも書きましたが
「おかしな気持ち」
私はRを送り出した後
Rのために何かをしていたくて
でもRはいなくて‥‥
「R、ママは頑張ってるよ」
というのを見せたかったのか
とにかく
突然Rのためにやることが何もなくなってしまって
それが耐え難くて
Rに関すること、をするしかなかった






















3日目くらいまでは
黙々と動き続けましたが
私の目に見える範囲のRの痕跡が
次々となくなっていって
「本当にRはいたのか?」
という思いが沸き上がり
とても混乱しました
























そしてぱったりと
私の動きは止まりました





















それからの時間の記憶が
とてもぼんやりしています
覚えているのは
ただ毎日苦しくて
絶望的な時間が流れていたことだけ




















そしてしばらくして
水玉のノートに
いろんな思いを書き始めたのです





















今日もありがとうございます🍓














やる気満々✨

15684584440.jpeg











たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

次のページ>>

プロフィール

strawberryらず

Author:strawberryらず
2017年4月9日、かけがえのない大切な愛犬が旅立ちました。リンパ腫でした。
病気の早期発見、早期治療、日々の管理、観察の大切さなど、「これはやって良かった」と思えることや「もっとこうするべきだった」と思ったことを、伝えていきたいと思いブログを始めました。
私自身が看護師(人間の方)なので、病気の説明などもわかりやすくできたら、と思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
抗がん剤 (41)
リンパ腫 (7)
なぜがんになると死ぬか (1)
死を受け容れるということ (3)
乳がん (4)
血管周皮腫 (1)
病気 (16)
役立つこと (31)
事件 (83)
思い出 (174)
思い (375)
抗がん剤治療をやめてから (85)
旅立ちのあとで (48)
Rがいない毎日 (61)
ひとりの日々の出来事 (76)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR