FC2ブログ

キミのためにできること

リンパ腫と闘い5年5カ月生存した愛犬にしてきたこと

2019/04/26(Fri)

感謝する気持ち




こんばんは🌲










今日は戻ります🍓
Rがいなくなってひと月、ふた月……?
どれくらいの時間が過ぎていってたでしょう
水玉のノートに書いてあることを
またここに残していきます


















ある日のページです


『いつもRが心配だった

 元気だとすごくうれしかったし
 しあわせを感じた

 すべてのことに すべてのものに
 感謝した たまらなく感謝した』


















感謝する気持ち
決まった誰かに、ではなく
すべてのものに
すべてのことに
感謝する気持ち
こんな気持ちが涌き出たのは
いつが初めてだったでしょうか




















リンパ腫と診断されたばかりの頃は
そんな余裕はどこにもなく
ただ副作用の日々を無事に越えていくことしかなかった
そして、最初の寛解を迎えて
その頃くらいから感じていたのでしょうか



















常に「死」と隣り合わせの毎日で
幾度も危機に直面してきました
それはいつも深刻な危機で
乗りこえる度にたまらない気持ちが
涌き溢れました
とにかく「ありがとう」という気持ち
獣医さんに?
神様に?
もう、もっともっとそれを越えて
うまく言えないけれど
何もかもすべての人に
人だけじゃ足りないから
何もかもすべてのものに
それでも足りなくて
何もかもすべてのことに
感謝せずにはいられなかったのです



















危機を乗り越えた時も感謝しましたが
毎日、Rが楽しく過ごせていることに
とにかく感謝でいっぱいでした
そして
Rが旅立った後も
感謝の気持ちでいっぱいでした





















穏やかな旅立ちが出来たこと
私に心の準備をさせてくれたこと
ここまで長く
Rを生かせてくれたこと
感謝する気持ちが
涌き出てきて止まらないのです


















だからRがいなくなって
辛くて苦しい時間だったけど
感謝の気持ちはずっと持っていたのです
そんな気持ちを書いていました


















今日もありがとうございます🍓












こんなすごいピンチも越えました
(リンパ腫闘病中に乳がんで左側乳腺全て摘出しました)
Rは本当によく頑張りました

15561958560.jpeg











たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

スポンサーサイト
2019/04/24(Wed)

Mちゃん




こんばんは🐦









今日はブログでずっと応援している、
あるコーギーの女の子のことを書きます🍓



















初めてMちゃんを知ったのは
1年ほど前のことでした
Rと同じリンパ腫になって
抗がん剤治療の最中でした



















Mちゃんは早期の発見ではなかったので
厳しい状況からの治療でしたが
副作用を乗り切り
時に敗血症、DICという危険な状況も脱し
1年以上の時間
おかあさん、おとうさんと
楽しくおいしく過ごしました
最後までお散歩にも行って
おかあさんの手作りごはんを食べて
急変して
一昨日の早朝、旅立ったと聞きました


















とってもかわいい女の子で
とっても大切にされていました
懸命に力いっぱい過ごしました
私は応援することしか出来なかったけど
毎日毎日
Rと一緒にいっぱい応援していました





















いつ、「その日」が来るか
誰にもわかりません
今日かもしれないし
明日かもしれない
だから
今日を力いっぱい生きなくちゃいけない
わんこも、人も
Rがいなくなってから
そう思うことが増えました



















せっかくRが教えてくれたんだから
もっとしっかり
毎日生きなくちゃ、と
また今日改めて思いました


















Mちゃん
もう楽しいことしかないね
食べ放題だし
もうお留守番もないよ
いつでもおかあさんのそばにいれるもんね
Rに会ったらおかしをもらってね


















Mちゃんのこれからのしあわせを
心から祈っています


















Mちゃん、会ったこともないけど
いつもあなたのことを考えてたよ
あなたを知れてよかった
本当にありがとう
楽しく過ごしてね
いつか会ったら一緒に遊ぼう



















今日もありがとうございます🍓














おかしボックスの前で語る目(笑)

15561138200.jpeg











たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

2019/04/24(Wed)

桜を見送る気持ち




こんばんは🌱









今日も戻らず
今日思ったことなどを書きます🍓


















今日また近くの桜並木を通りました
もうほぼ花はなくなって
葉桜になりつつありました


















多くの人の感覚としては
「散ってしまって寂しい」なのでしょう
私も以前はそう思っていました
それどころか
Rがリンパ腫になってからは
毎年、「これが最後かもしれない」という思いでいっぱいで
何がなんでも長く楽しみたいと思っていました
でも
Rがいなくなってから
何だか違ってきました
終わりかけの桜を見て
落ち着くというか、ほっとするというか
そんなような気持ちになるのです


















Rが桜の時季に逝ったから?
桜が日本人にとって特別だから?
私は桜の時季になると
心がざわざわし始めます
そして「キレイだな」と思いつつ
やっぱりRの最期の時を思い出し
それまでのRとの桜の思い出を掘り起こし
咲いてる間は落ち着きません
だから桜が終わりに近づくのを見ると
何となく開放感のようなものを感じるのです


















また来年
どんな気持ちで桜を迎えて
どんな気持ちで桜を見送るのか

今年と同じかもしれないし
ちょっと違うのかもしれない


















毎年桜の時季になると
恒例でRの頭に桜をひとつのせて写真を撮っていました
こないだブログでよく見ている子が
同じようにして写真を撮っていて
なんだか気持ちがほんわりしました🍓



















今日もありがとうございます🍓












まぶしい~のお顔

15560347290.jpeg













ちょっとおもしろいお顔(笑)

15560345270.jpeg













知らない間にシャッター押しちゃってた
そしたら……おてて!

15560345010.jpeg











たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

2019/04/22(Mon)

番犬R?




こんばんは🌰










今日はちょっと寄り道します🍓
Rがいかに番犬に向いてなかったか、について書いていきます




















昔はきっとわんこは外飼いが主流で
番犬としても役立っていたのだと思います
現代では室内飼いが主流ですが
それでも番犬として
頼りにされてる子も多いのでしょう


















Rはある程度の年齢から
ピンポンが鳴ると
「わんわんわんわんっっっ!!」と
ものすごく反応する子でした
だけどそれは誰かが家にいるときだけ
Rひとりのお留守番中では
全く反応せず、しーんとしているのです


















つまり
誰か在宅時には外からの侵入者に対して警戒してくれるのですが
Rひとりでお留守番の時は
知らん顔、なのです(笑)
留守中のドロボーさんには興味なし、なのです
興味なしどころか、
人好きなのでむしろ歓迎しそうでした(笑)



















一度家族に言われたことがあります
「Rのお留守番中に侵入するのなんて、楽勝だよ ケンタッキーとか持ってたらイチコロだね」って


















私もそう思います(笑)



















知り合いのわんこで
分離不安が強くて
ひとりでお留守番させるとずっと吠えてる、という子がいました
Rはいつも余裕でおおらかな(?)気持ちでお留守番してくれたので
番犬にはならなくても
おりこうに待っててくれたので
とても助かりました

















時に
私が帰っても気付かないで寝てたり(笑)
何だかんだと
本当に面白い子でした



















何を思い出しても
Rが大好きでたまりません




















今日もありがとうございます🍓













玄関にお迎えにも来ず、こんな感じのおかえりでした(笑)

15559219750.jpeg











たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

2019/04/21(Sun)

もう買わなくていいもの




こんばんは🍍










今日も戻ります🍓
Rがいなくなってすぐの頃からずっと
かなり長い間
行くのが辛い場所がありました
それはスーパーでした




















なぜスーパー?
生きていくためには
結構しょっちゅう行かなければならない場所です
だからその度に心がすり減りました



















スーパーにはたくさんの食材が並んでいます
私は長年ずっと10年以上
Rのごはんを手作りしてきました
だからいつも自分の物の他にも
Rのための食材を買っていました
なかには手に入りにくい食材もあって
手に入る時にガツンと買い占めたり
ひとつひとつの食材に
いろんな思い出が詰まっていました


















私はほぼ全てのコーナーで
それらの食材を目にする度に
動けなくなり立ち止まり
その食材以外のものは見えなくなりました
小松菜やゴボウなどありふれたものから
時に手に入りにくかったなまり節や牛レバーまで
目にする度にしばらく動けなくなるので
買い物にものすごく時間がかかりました




















「もう買わなくていいんだ」



















「もう買ってあげられないんだ」




















そう思っては
崩れ落ちそうになりました


















なかでもいちばん苦しかったのは
「北海道チーズ蒸しケーキ」とアイスの「MOW」でした

Rが最後まで食べていたものだったから
もうこれしか食べられなかったから




















他に何も食べられなくて
これでしか生きられなかったから
とにかくたくさん買いました
何軒もスーパーのはしごをしたこともありました
Rが他に何か食べられそうなものはないか、と
いつもスーパーに行っては
あらゆる食べ物を見て回ってたあの頃のことも
鮮明に蘇っては胸がちぎれそうでした



















苦しくなるなら見なければいいのに
なぜか見てしまうのです
そうやって毎回
同じことを繰り返していました


















今日もありがとうございます🍓













いつも手作りごはんをおいしそうに食べてくれました
毎回「こんなおいしいのはじめて!」くらいの勢いでした(笑)

15557635200.jpeg











たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

次のページ>>

プロフィール

strawberryらず

Author:strawberryらず
2017年4月9日、かけがえのない大切な愛犬が旅立ちました。リンパ腫でした。
病気の早期発見、早期治療、日々の管理、観察の大切さなど、「これはやって良かった」と思えることや「もっとこうするべきだった」と思ったことを、伝えていきたいと思いブログを始めました。
私自身が看護師(人間の方)なので、病気の説明などもわかりやすくできたら、と思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
抗がん剤 (41)
リンパ腫 (7)
なぜがんになると死ぬか (1)
死を受け容れるということ (3)
乳がん (4)
血管周皮腫 (1)
病気 (16)
役立つこと (26)
事件 (32)
思い出 (78)
思い (158)
抗がん剤治療をやめてから (85)
旅立ちのあとで (48)
Rがいない毎日 (33)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR