FC2ブログ

キミのためにできること

リンパ腫と闘い5年5カ月生存した愛犬にしてきたこと

2019/01/15(Tue)

最後の写真




こんばんは🐰










今日も戻ります🍓
2017年4月10日午後
お別れの場の火葬場で
儀式的なことは終わり
破裂の心配のあるRのサッカーボールを取り出して
あとはお別れをするだけになりました


















この時は自覚がなかったのですが
後になってこの時の写真がないことに気付きました
この時の私はいっぱいいっぱいでした
写真を撮ることさえ思い浮かばなかった
本当に最後の最後の写真だったのに
最後に見たRの姿だったのに



















後から悔やまれましたが
もう取り返せません
だからこう考えることにしています
「あのときのありったけの時間をお別れに使ったんだ だからあれで良かった」と




















でもちゃんと
あの時のRの姿は
私の中に焼きついています
忘れられるはずがありません


















「これで最後 本当に最後」


















その思いばかりで
私はRを焼きつけようと必死でした



















今日もありがとうございます🍓













写真っていくらあっても足りないと思ってしまいます

15475626580.jpeg














たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

スポンサーサイト
2019/01/15(Tue)

サッカーボール




こんばんは🐇











今日も戻ります🍓
2017年4月10日午後
最後のお別れの場の火葬場で
灰にならないお線香に言葉を書いて
コースターににおいを付けて
末期の水をあげて
儀式的なものは全て終わりました




















この時までRのお棺の中には
Rに背負わせた大好物でパンパンのリュックと
私たちのにおいをいっぱい付けたタオルと
母がくれた花束、そして
Rが大好きだった大事なサッカーボールが入っていました




















末期の水が終わった後
私はサッカーボールを取り出しました
本当は一緒に火葬して
そのまま持って行かせてやりたかった


















ひと月ちょっと前
私はこの霊園を見学しに来ました
いざその時が来て焦って
よく知りもしない所にRをお願いしたくなくて
Rのしあわせのため、と
ものすごく辛かったけど見学をしたのです
そしてその後で
具体的な疑問がいくつか浮かびました
そのひとつがこれでした



















「お棺の中には何を入れてもいい? 入れられない物はある?」



















私は霊園に尋ねました
サッカーボールも大丈夫ですか、と
すると
入れられないことはないけれど
火葬時に破裂するかもしれないとのことでした
破裂したら遺骨が傷んでしまうかもしれません


















Rを最高の形で送ってやりたいのに
遺骨が傷んでしまうなど、それはあり得ないことでした
だからギリギリまではそばに置いてあげて
最後に取り出そうと決めていました
私の作った勝手なルールで
ギリギリまでそばに置いていたサッカーボールも
ちゃんとお空に持って行ける、ということにしました
そういう風に思うしかなかったから




















Rに


「R、ボールねお空に行く前のぬくぬくの時にね、パーンって破けちゃうかもしれないんだって 
そんなの困るよね だからママが持っとくよ ちゃんとお空に持って行けるから大丈夫だよ」


と声をかけて
サッカーボールを取り出して
大事にしまいました




















Rは


「それならあんしん~ うふっ」


と言ってるようでした




















そしてお別れの時が来ました


















今日もありがとうございます🍓









このサッカーボールです⚽
本当によくこれで遊んでました


しんけん!

15475026680.jpeg










ゴー!

15475007420.jpeg










まてまてーい!

15475006950.jpeg










たのしーい!

15475006670.jpeg














たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

2019/01/13(Sun)

末期(まつご)の水




こんばんは🐢









今日も戻ります🍓
2017年4月10日午後
最後のお別れの場である火葬場で
また眠り姫Rと対面し
灰にならないお線香と
私たちのにおいを付けたコースターを
お棺の中に入れてあげました





















そのあとスタッフさんから
ガーゼと小さい入れ物に入ったお水を手渡されました
「末期(まつご)の水です 水で湿らせたガーゼでお口まわりを潤してあげてください」
と言われました
死者が渇きに苦しまないように
あの世に安らかに送り出してあげる、というものです
私にとって初体験でした





















要領がよくわからず
ガーゼに水を含ませ過ぎて
ちょっとRのお口がびちょびちょになってしまいました
「R、ごめんごめん ちょっと多かったね」
と言って
タオルで拭いてあげました
Rはきっと
「うふ~ きにしないわ~」
と言ってたでしょう






















これで儀式的なものは終わりです
お別れの時が一刻一刻と
近づいていました


















今日もありがとうございます🍓













びちょびちょにしちゃって、ごめんね~

15473779290.jpeg













たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ
2019/01/13(Sun)

灰にならないお線香とコースター




こんばんは🐹









今日も戻ります🍓
2017年4月10日午後
最後のお別れの場所の火葬場で
Rと対面しました


















ついさっきまで見てた姿なのに
改めてお棺に入ったRを見ると
急激な悲しみが襲ってきました
だけどRの前で取り乱したくなかったので
必死に自分を抑えていました
なのでその時にスタッフさんが
何か説明してくれたのですが
全く耳に入って来ず、
もう一度繰り返してもらいました


















スタッフさんはお線香の説明をしてくれました
手渡されたのは
平べったい棒状のものでした
それは灰にならないお線香だそうで
火葬の時に一緒にいれてあげるということでした
平べったいわけはそこに字が書けるから
マジックを渡され
「何かお言葉を書いてあげてください」
と言われました


















私はこう書きました


















「いつも一緒 ずっと一緒 あんしん」


















そしてお棺の中に入れました
さらにコップの下に敷くコースターのような丸い厚紙を渡されました
「これにご家族様のにおいをお付けになって、お顔のそばに置いてあげてください 安心していけるように」
とのことでした


















私たちはすでに
さんざんにおいを付けたタオルを準備して
もうRの頭の下に敷いてあげていたのですが
さらにそのコースターで
手や顔、首や胸をこすってにおいを付け
Rのお鼻のそばに置いてあげました


















Rはうふふ、と安心してくれたでしょうか


















また続きを書きます🍓



















今日もありがとうございます🍓












もうすぐいっぱい走れるよ

15473096510.jpeg













たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

2019/01/10(Thu)

火葬場での対面




こんばんは🐭










今日も戻ります🍓
2017年4月10日午後
Rが連れて行かれた火葬場に
ゆっくり歩いたけど到着してしまいました




















自動ドアの奥に進むと
別のご家族がお別れ中でした
「ご準備致しますので、少しお待ちください」と
待合場所に案内されました


















待合場所からは
先ほどのお別れ中のご家族が少し見えました
とっても小さなお棺(鳥さん?ハムスターさん?くらい)でした





















私はなにも考えられずただ、
ぼーっとそのお別れの光景を眺めていました
時が止まったような感じでした




















そのご家族のお別れが終わると
私たちの前をRのお棺が通りました



















ああ、とうとうきた




















そして私たちが呼ばれました
お別れの場に行くと
さっき葬儀の時に見たままの
蓋をされて棺かけの布がかけられ
守り刀が置かれたRのお棺が安置されていました




















そしてスタッフさんが
「では蓋を開けさせていただきます」
と蓋を開けました
そこにはさっきと同じ眠り姫Rがいました
少し前までそばにいたのに
また改めてお棺に入ったRを見ると
また急激に悲しみが襲ってきました




















今日もありがとうございます🍓










こんな風にしあわせそうな寝顔でした

15471073960.jpeg












たくさんのわんこの役に立てますように
クリックしていただけると嬉しいです🍓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(リンパ腫・肉腫)へ

次のページ>>

プロフィール

strawberryらず

Author:strawberryらず
2017年4月9日、かけがえのない大切な愛犬が旅立ちました。リンパ腫でした。
病気の早期発見、早期治療、日々の管理、観察の大切さなど、「これはやって良かった」と思えることや「もっとこうするべきだった」と思ったことを、伝えていきたいと思いブログを始めました。
私自身が看護師(人間の方)なので、病気の説明などもわかりやすくできたら、と思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
抗がん剤 (41)
リンパ腫 (7)
なぜがんになると死ぬか (1)
死を受け容れるということ (3)
乳がん (4)
血管周皮腫 (1)
病気 (16)
役立つこと (26)
事件 (29)
思い出 (66)
思い (132)
抗がん剤治療をやめてから (85)
旅立ちのあとで (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR